私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« クラウディ・ゼン・サニー/ジャンクボックス | トップページ | ビューティフル・ラヴ/ザ・NYC・セッション feat. アル・ディ・メオラ »

2008/05/07

オマージュ/大坂昌彦

Osakahomaage
4月29日から、忙しかったり忙しくなかったりで(いったいどっちなんだ(笑))ブログの更新をお休みしていました。未聴のCDはまだ14枚(うち8枚がECMやECM New Series)あって、本当はどんどん聴いていきたいところなんですが。さて、久しぶりに大坂昌彦のアルバムが出ました。Paddle WheelからM&Iレーベルに移っても、硬派な感じのするところは相変わらずで、存在感のあるドラムを聴かせてくれます。ちなみにジャズの日本人ドラマーでは一番好きです。フュージョンだと神保彰。オリジナルか少なくて、ジャズメン・オリジナルが多いですが、柔らかくならないのがいいところだと思います。ともかく1曲目でぶっ飛びでした。


オマージュ/大坂昌彦(Ds)(M&I)
Hommage/Masahiko Osaka(Ds)(M&I) - Recorded 27-29, 2007. Tadataka Unno(P), Daiki Yasukagawa(B), Osamu Koike(Sax) - 1. Cherokee 2. Afro Blue 3. Isfahan 4. E.S.P. 5. Dear August - Special Song For Audi - 6. Remember Hymn 7. St. Thomas 8. Hymn To Freedom

ライヴ。サックスは1、8曲目は抜けます。大坂昌彦の作曲は5曲目のみで、他はジャズメンオリジナル中心。各曲がジャズメンたちへのトリビュートです。1曲目でピアノがスローで入ったと思ったら途中からこれ以上速くは弾けない、叩けないレベルでの「チェロキー」にはぶっ飛びます。これだけでも聴く価値あり。スピリチュアルな感じながら跳ね飛ぶようなドラムスが目立っている2曲目、バラードからミディアムにかけてのホンワカとした雰囲気のある3曲目、ベースソロからはじまりアップテンポで浮遊感があってモーダルな4曲目、やはりアップテンポで現代的で都会的なアプローチの5曲目、危うげな味わいの淡色系のバラードの6曲目、陽気に4ビートも交えつつカリプソでの7曲目、静かなピアノからゴスペル的に盛り上がる8曲目。(08年4月16日発売)

« クラウディ・ゼン・サニー/ジャンクボックス | トップページ | ビューティフル・ラヴ/ザ・NYC・セッション feat. アル・ディ・メオラ »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきました。

今ふと思ったのですが、ジャケットのレーシングカーは1曲目の超高速チェロキーのイメージからだったのかもしれませんね。
それにしてもこんなにアップテンポな演奏はブラウン=ローチ・クインテット以来のような気がします。

言語バーが不調に付き、いちいち「メモ帳」に書いてからコピペして貼り付ける破目になってしまいました(苦笑)

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

なるほど、レーシングカー=チェロキーですね。1曲目に置いたので力が入ってますし、この曲が一番目立ちますもんね。

けっこうこのアルバム、気に入ってしまいましたよ。また聴こう、と思いつつ、ここのブログの更新がまた止まったりして(笑)。

sp3のVer.Upの不具合かどうか、微妙なところですけど、早くパソコンの具合が良くなることをお祈りします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/41126229

この記事へのトラックバック一覧です: オマージュ/大坂昌彦:

« クラウディ・ゼン・サニー/ジャンクボックス | トップページ | ビューティフル・ラヴ/ザ・NYC・セッション feat. アル・ディ・メオラ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト