私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« オマージュ/大坂昌彦 | トップページ | マイルス・フロム・インディア »

2008/05/10

ビューティフル・ラヴ/ザ・NYC・セッション feat. アル・ディ・メオラ

Nycbeauti
アル・ディメオラ買い。といっても注文してみたら、3曲だけの客演だったので、少々残念かな、とも思いました。最近、彼は他の人のリーダー作に参加するということはあまり多くないですからね。ただ、Yutaka Kobayashiという日本人ピアニストの演奏(たぶん、彼が曲を3曲提供しているところをみると実質的なリーダーでしょう)もけっこう好みで良かったし、演奏している人たちは名手が多いしということで、満足できた1枚ではありました。それでもやっぱりアル・ディメオラの演奏に興味がいってしまいますね。3曲参加で、それぞれギターが違うのでアプローチも面白かったでした。最後のアコースティック・ギターとピアノとのデュオでのピアソラ作は、ディメオラへの配慮でしょうか。


ビューティフル・ラヴ/ザ・NYC・セッション feat. アル・ディ・メオラ(G on 1, 4, 9)(Isol Discus Organization)
Beautiful Love/Eddie Gomez(B), Billy Drummond(Ds), Yutaka Kobayashi(P) featuring Al Di Meola(G)(Isol Discus Organization) - Recorded August 25 and 26, 2007. - 1. Softly As In A Morning Sunrise 2. Missing Moments 3. Beautiful Love 4. Captain Marvel 5. Nefertiti 6. Crossing Memories 7. I'll Close My Eyes 8. Sundry Waltz No.9 9. Chiquilin De Bachin

ユタカ・コバヤシの作曲が3曲あり、実質彼のリーダー作か。カチッとしたメロディアスなピアノのフレーズが多めです。アル・ディメオラが3曲(1、4、9曲目)参加していて、それぞれ使っているギターが違います。スタンダードをフル・アコでバリバリと弾いている1曲目、チック・コリア作「キャプテン・マーヴェル」をいつものフュージョンやロック的なエレキ・ギターでサンバを演ずる4曲目、アコースティック・ギターでピアソラの曲と向かい合う9曲目。タイトル曲の3曲目はしっとりとした美しさのあるバラード。5曲目「ネフェルティティ」はややあっさり。オリジナルの方は、割と盛り上がってメロディアス、かつ哀愁もあるボッサの2曲目、メランコリックな響きのある叙情的な6曲目、8分の6拍子的テンポで切なさと盛り上がりもある8曲目。(08年3月26日発売)

« オマージュ/大坂昌彦 | トップページ | マイルス・フロム・インディア »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきました。
わたし的には4曲目の「Captain Marvel」が一番良かったのですが、これを聴いていたらチックのRTFの再結成への期待がより一段と高まりましたです。
小林は初体験だったのですが、いかにも日本人らしいピアニストという印象でした。

>naryさん

TBありがとうございます。

私も4曲目がアル・ディメオラのいつものペースだなー、という感じで、こういうサウンドがもう少しあったら、と思いましたです。でもそうしたら、彼のリーダー作のようになってしまいますね(笑)。

ピアノは私、好きなタイプでよかったでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/41159551

この記事へのトラックバック一覧です: ビューティフル・ラヴ/ザ・NYC・セッション feat. アル・ディ・メオラ:

« オマージュ/大坂昌彦 | トップページ | マイルス・フロム・インディア »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト