私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/29

クラウディ・ゼン・サニー/ジャンクボックス

Junkcloudy
藤井郷子さんの新譜3枚目。同時発売した3枚の中で、一番フリー度というか、あっち方面へ行っちゃっている度が高いアルバムです。何たってトランペットがメロディを吹くよりは、咆哮したり、非メロディ的な音を出していたりと、けっこう非イディオム的なところの土俵に引っ張り込むことが多いので。先の予測が不可能というところと変化に富んでいる、というところは個人的には興味深いですが、逆に聴く人を選んでしまうかな、といった心配もあります。ジョン・ホーレンバックのドラムス(パーカッション?)も、このトリオだとけっこうハマッていて、一体感がありますね。これぞフリーですね。


クラウディ・ゼン・サニー/ジャンクボックス(Libra)
Cloudy Then Sunny/Junk Box(Libra) - Recorded December 20, 2006. Natsuki Tamura(Tp), Satoko Fujii(P), John Hollenbeck(Per) - 1. Computer Virus 2. Chilly Wind 3. Back And Forth 4. Night Came In Manhattan 5. Chinese Kitchen 6. Multiple Personalities 7. Opera By Rats 8. Alligators Running In The Sewers 9. Soldier's Depression 10. One Equation 11. Cloudy The Sunny

全曲藤井郷子の作曲。パーカッションはドラムセットのような雰囲気。フリーど真ん中の演奏が11曲続きます。トランペットの音も特殊な叫ぶような、あるいは自由奔放に舞い上がったり降りてきたりする、フリーの音使いが目立っていて、硬派なサウンド。ある意味アメーバ状でいて、リズム的にしっかりしている部分もあって、単なるドシャメシャにならないところ(5曲目のように意図したドシャメシャももちろんあります)がすごいところ。2曲目など、中盤がファンク的リズムでフリー的な盛り上がり方が絶妙。静かな部分は研ぎ澄まされた印象が強く、そしてダイナミックレンジが広いところがあって、先を予期できない硬派な面白さがあります。7曲目のピアノのリズムとフレーズのカチッとした動きとフリーキーなトランペットの叫び。(08年3月25日発売)

2008/04/28

トレース・ア・リバー/藤井郷子トリオ

Fujiitrace
藤井郷子新譜シリーズ2日目。今回はこのメンバーでのトリオをはじめてから12年にもなる、息も合ったメンバーでの演奏。田村夏樹も加えたクァルテットの演奏も足すと、かなりのアルバムがリリースされているようです。子のメンバーではフリーが基調にありながら、決め技も大胆で、カチッと決まり、そして互いの息がばっちり合っているところがスゴいとことです。フリー系のトリオならば、個人的に一番好きなトリオ。ダイナミックなところもあるし、静寂もあるし、何にせよ展開が面白く、予想通りのこともあれば意外なこともあればで、聴く人を選びながらも全然飽きさせないところがいいです。これなら何枚もいけそう。


トレース・ア・リバー/藤井郷子(P)トリオ(Libra)
Trace A River/Satoko Fujii(P) Trio(Libra) - Recorded December 23, 2006 and July 13, 2007. Mark Dresser(B), Jim Black(Ds) - 1. Trace A River 2. Take Right 3. Manta 4. A Maze Of Alleys 5. Day After Tomorrow 6. Kawasemi 7. February

全曲藤井郷子の作曲。おなじみのトリオで、決め技もフリー的な部分も、一体感があります。1曲目のタイトル曲の12分台、2-7曲目は2-7分台の、トータル48分台。フリー的にこなしていく部分と、変拍子のテーマその他の部分のキメとの対比が対照的で、静寂と破壊力が適所に現れて、ドラマチックに展開していく1曲目、透徹としたピアノから盛り上がってフリーファンク的な展開で鋭角的に絡んでだり一緒に突き進む2曲目、ゆらゆらと深海の中を漂っていきつつ盛り上がりもある3曲目、エキゾチックな速いフレーズを変拍子でまくしたてていくような4曲目、ソロピアノで朝のさわやかな風を運ぶ静かな5曲目、ベースのアルコで厳かにはじまり、ロック・ビート的にも変化する6曲目、氷のような静かなソロピアノの7曲目。(08年3月25日発売)

2008/04/27

海を渡るクロ/ガトーリブレ

Gatokuro
3月25日に藤井さんの自主レーベルで3枚もアルバムを出しました。3枚ともそれぞれ参加メンバーが違うのですが、これもそのひとつ。今までOnoffレーベルから2枚「ガトーリブレ」のグループ名でアルバムを出していたのですが、今回は自主レーベルのせいなのかどうなのか、自由度か高い、いわゆるフリーの部分もあるアルバムになっています。それぞれの曲が組曲のようになっていて、物語性があります。ただ、個々の曲として聴いても、違和感はないかと思います。いわゆるジャズの範囲に入るかどうか。インプロヴィゼーションという点ではあり、ですが、雰囲気はリズムの違うタンゴっぽいようなサウンドに近いような点もあります。なお、このグループでのメインは田村夏樹さんで、全曲彼の作曲。


海を渡るクロ/ガトーリブレ(Libra)
海を渡るクロ(Kuro)/Gato Libre(Libra) - Recorded May 22, 2007. Natsuki Tamura(Tp), Kazuhiko Tsumura(G), Satoko Fujii(Accodion), Narikatsu Koreyasu(B) - 1. Sunny Spot(日だまりのクロ) 2. Patrol(午後の巡回) 3. Battle(侵入者との戦い) 4. Reconcile(和解) 5. Together(共に旅へ) 6. Beyond(岩山から彼方を望む) 7. Kuro(海を渡るクロ)

グループ3作目。今回は自主レーベルで、哀愁の漂う曲とともに、アヴァンギャルドな音使いの部分もあります。組曲形式のようで、この編成による哀愁感、叙情感はかなりのものです。アコーディオンは専門ではないので、フレーズ的には簡単なものが多いですが、その曲を表すのに効果的な一音一音を発しています。これでもかと言わんばかりの切ない哀愁を発している1曲目、叙情的なワルツから中盤フリーへ流れていく2曲目、猫同士のケンカを表すようなフリーなアコーディオンその他の楽器の戦いのある3曲目、明るいメロディアスなテーマが出てきてホッとする4曲目、再び哀愁が強く流れている渋めの5曲目、ダイナミックレンジが広く、静かな場面や情景的なフリーもある6曲目、穏やかに漂っていくタイトル曲の7曲目。(08年3月25日発売)

2008/04/21

ゲット・アップ!/神保彰

Jimboget
神保彰のドラムスはスゴすぎて、普段はあまり近づいてないですけど(笑)、彼の作曲が好きで、最初のソロ作5枚を再発の時にCDでそろえました。そして前作は、やはり聴きやすさがある程度重点があったのかなと思います。今回は前作と同じメンバーながらハードな曲が多くなっていることがうれしいですね。曲ができたらアレンジのしかたはいろいろあると思うけれと、曲によってはこれでもか、というくらいに叩きまくり、弾きまくり、なので、ハードコア・フュージョンのファンにとってはうれしい贈り物だったんじゃないでしょうか。間に多少落ち着いた曲もはさんであるのですが、気合が入っている演奏なのは、間違いないですね。


ゲット・アップ!/神保彰(Ds)(Electric Bird)
Get Up!/Akira Jimbo(Ds)(Electric Bird) - Released 2008. Abraham Laboriel(B), Otomaro Ruiz(P, Key), Frank Gambale(G) - 1. Wicked 2. Get Up! 3. Where Are You Calling From? 4. Fuse 5. Tokyo Dreamin' 6. Jin Jin 7. Promised 8. Safari Run 9. Silk Storm

全曲神保彰の作曲。前作と同じメンバーですが、こちらの方がハードコア・フュージョン的な要素がかなり強くなっています。それにしてもスゴいメンバーですね。キメなどもビシバシきまるし、それぞれのメンバーのコラボレーションと、超絶技巧のテクニックをあちこちで聴くことができて、こっち方面のサウンドが好きな人にはうってつけのアルバム。ところどころで暴れまわっていて、ドラムスだけを聴いても、恐ろしいテクニックですね。割とハードなファンクの曲が多くて、聴いていてスッキリしますね。それでいて曲には神保の持ち味である分かりやすいメロディの部分もあって、ハードながらうまくポップ性ともバランスがとれています。8ビートのボッサ風でメロディアスな5曲目は安らぎの方。6、8曲目はゴキゲンなアップテンポのラテン。(08年3月26日発売)

2008/04/20

Jazz Side Of The Moon - The Music Of Pink Floyd

Jazzpink
ピンク・フロイドの音楽の洗礼を受けていない私にとっては、原曲との比較ができないところが何とももどかしいところですが、これは「狂気」のカヴァー・アルバム、しかもメンバーがスゴいではないですか。迷わず買ってしまいました。買ってから気がついたのですが、チェスキー・レーベルだったんですね。いかにもジャズって音(作られた音ですね)とは対極のサウンドを作っているレーベルで、ワン・ポイント・マイクでの収録だったと思います。おまけにここでは4ビートが出てこなくて、かなり原曲を意識してか抑制の効いたサウンドになっているので、個々のミュージシャンはあまり前面に出てきません。やっぱり原曲を聴いていて、それとの比較ができる人が、より楽しめるのではないかと思いました。


Jazz Side Of The Moon - The Music Of Pink Floyd(Chesky Records)(輸入盤) - Recorded September 11 and 12, 2007. Sam Yahel(Prg), Mike Moreno(G), Ari Hoenig(Ds), Seamus Blake(Ts) - 1. Breathe 2. Part 1 On The Run 3. Time 4. Any Colour You Like 5. The Great Gig In The Sky 6. Money 7. Us And Then 8. Brain Dance 9. Part 2 On The Run

(08/04/20)ピンク・フロイドの「狂気」のアルバムをカヴァーしてしまったアルバム。曲順は異なっています。プログレッシヴ・ロックをオルガン・ジャズで再現してますが、いわゆるジャズ・アレンジではないので4ビートにはなったりせず、元のアルバムのドラマ性を意識したせいか、かなり抑制の効いたサウンドになっています。サウンドの内向性と、統制の取れた音で、非常にドラマチックに粛々と進んでいくという感じ。曲によっては変拍子の曲も目立ちますが、オルガンのベース音なのであまり強調はされてません。個々のミュージシャンの丁々発止のインタープレイを楽しむ人には不向きで、やはり元の曲を知っていて、それとの比較を楽しむ、という感じの聴き方のほうが向いていると思います。なぜか、7曲目だけはボッサです。

2008/04/18

グリーン/ハンク・ロバーツ

Hankgreen
ハンク・ロバーツはJMT時代のリーダー作などとビル・フリゼールの「ルック・アウト・フォー・ホープ」(ECM)で参加していたのかな、それで知っていて、今回Winter&Winterレーベルから国内盤が出て、買ってみようと思いました。昔は税込み2,310円で買えていたこのレーベル、ユーロ高の影響か新作では2,625円。何と輸入盤の方がさらに高くなっているので、レーベル追っかけもちょっと前からあきらめています。このアルバム、やはり彼のやりたいことがテンコ盛りで、いろいろな方面のサウンドの曲があります。普通の曲ではない感じのサウンドが多いですが、ヴォーカルをとっている曲も多めなのが、彼の主張なのかな、という気もします。現代ジャズのやや辺境方面なので、聴く人を選ぶと思います。


グリーン/ハンク・ロバーツ(Cello、Vo)(Winter & Winter)
Green/Hank Roberts(Cello, Vo)(Winter & Winter 910141-2 Music Edition)(輸入盤) - Recorded June 12-14, 2007. Marc Ducret(G), Jim Black(Ds) - 1. Azl Bernie 2. Bernie Alap 3. Prayer 4. Bernie 22 05 5. In The 60's 6. Cola People 7. Trees 8. First Lenape 9. Lenape Alap 10. Nasfat 11. Rge Departing Hunter's Song/War Dance Song/Jersey Devil 12. Long Walk 13. Gentle 14. Pictures

57分で14曲。ほぼ全て彼の作曲ですが11曲目の一部のみトラディショナルにインスパイアされたとのこと。ギターもアコースティックがあったり、ロック的な音色のエレクトリックがあったりで、これによって曲の幅がかなり広がっています。曲によってはヴォーカルも混ざって、エスニック色も強かったりと、穏やかな割にはけっこう前衛的な部分もあるのでは、と思わせます。チェロもクラシック的だったり普通ではないアプローチもあったり。フォークソング、クラシック的なものから、アヴァンギャルドなジャズまでと守備範囲は広いですが、いわゆるオーソドックスなジャズから離れた辺境現代ジャズという感じでせめてきます。ジム・ブラックのドラムもどちらかと言えばロック的ですしね。表現している幅が広く、それなりに問題作です。(08年2月25日発売)

2008/04/17

PHSの「データ定額」を解約

’06年の9月に購入したウィルコムPHSのW-ZERO3[es]ですが、本日ウィルコムに電話をして、インターネットができる「データ定額」のオプションを解約しました。PHSの端末のみでインターネットそのものができることで、購入時にはけっこう魅力的に映って割と利用していたのですけど、128Kbpsではスピードも遅く、いまどき横幅が640ピクセルしかないので画面も崩れ、最近はほとんど利用していない状態でした。最近横幅が広がった、しかも重いサイトが増えてきたことも要因ですね。これで1,050円/月の節約になります。

また、私は最近auのモバイルカードW04K(ノートパソコンに差し込むタイプです)を購入、そちらの方はもちろんPC画面で見れるし、伝送スピードもかなり速くなっています(下り最大3.1Mbps)。これを持っていればわざわざPHSでインターネットする必要もなくなった、と思ってます。こちらの方は仕事で使っているので、9,500円/月の利用料と少々高めで、その分を節約する必要にせまられた、ということもあります。

PHSの方は、ごくたまに電話をかけるほかは、メールの受信中心に使っています。事務所のPC宛てに受信したメールをほとんど転送していて、これで外出先でもお客さんからのメールが見れるというわけ。PHSだといくらメールを受信しても定額の料金体系があるので、他社携帯よりは安心かな、という面があります。ただ、旅行に行ったりすると携帯に比べ、受信できる地域が限られてくる、というのはありますね。これも、家族と同じauの携帯に変更しようかどうか、検討中なんですが。

2008/04/14

Brad Mehldau Trio Live

Bradlive
ブラッド・メルドーの今度のリーダー作はライヴ2枚組です。CDの1枚目が78分、2枚目が77分もあるのに、円高差益を還元してかどうか、国内盤1枚買うよりも安い値段で手に入りました。演奏の内容も濃いですし、非常にラッキーですね(笑)。そして、曲ごとにバラエティに富んでいて、サウンドにも毎回驚きがあります。ピアノ・トリオとしては非常に完成度が高いし独自性もあるので、時間が長いにもかかわらず、2回通しで聴いてしまいましたよ。どこのあたりの曲がいいのか、あるいは1枚目と2枚目では、と意見が分かれるところですが、ジャズメン・オリジナルとスタンダードが連なるラスト3曲が入りやすいのでは、と思います。私個人的には彼のオリジナル党です。素晴らしいアルバムだと思うけれど、やや聴く人を選ぶかな、と思います。


Brad Mehldau(P) Trio Live(Nonesuch)(輸入盤) - Recorded October 11-15, 2006. Larry Grenadier(B), Jeff Ballard(Ds) - 1. Introduction 2. Wonderwall 3. Ruby's Rub 4. O Que Sera 5. B-Flat Waltz 6. Black Hole Sun 7. The Very Thought Of You 8. Buddha Realm 9. Fit Cat 10. Secret Beach 11. C.T.A. 12. More Than You Know 13. Countdown

(08/04/13)CD2枚組のライヴ。ブラッド・メルドー作は5曲(3、5、7-9曲目)で、他はスタンダードやボッサの曲(4、10曲目)など。4ビートの曲もあるけれど、ファンク的な、あるいは変拍子的な曲が目立ち、タダモノではない現代ピアノ・トリオですね。もちろん、きれいで静謐なバラードや(7、12曲目)、明るいノリの良いワルツ(5曲目)、フリー的な曲(6曲目)、あるいはソロ・ピアノが前面に出てくる場面(7曲目後半、12曲目後半)など、聴いている人を飽きさせない、曲がバラエティに富んでいます。適度にメカニカルなフレーズもあり、3人のやり取りがスリリング。しっとり系と思ったらかなり盛り上がるボッサの4曲目。ジャズメン・オリジナルの11曲目のアップテンポで延々と続くフレーズや、13曲目の断続的なのもなかなか。

2008/04/12

The Classical Variations/Uri Caine

Uriclass
Winter&Winterレーベルのユリ・ケインはエレクトリック・ファンクからジャズ、クラシックに至るまで守備範囲が広く、何が飛び出してくるか分からないピアニストですけど、今回は過去のクラシック・アルバムのベスト集。これまた何が飛び出してくるか。コメントのところに書いたとおりですが、12曲目のソロ・ピアノあたりは、ラグタイム的なジャズ・ピアノしていて、そのはみ出し具合が分かります。ジャズあり、クラシックあり、クラシックとジャズのミュージシャンの共演ありで、やっぱりジャンルの域をはみ出したサウンドではありますね。これを楽しめるか、クラシックに対する冒涜だと怒るか、やっぱり聴く人により反応はさまざまと予想させるアルバム。未発表の曲には演奏者を加えておきました。


The Classical Variations/Uri Caine(P)(Winter & Winter 910145-2 Music Edition)(輸入盤) - Released 2007. - 1. Only Love Beauty(Barbara Walker(Vo), Kettwiger Bach Ensemble(Choir), Wolfgang Klasener(Cond)) 2. Variation XXXII 3. Variation XXXIII 4. Variation 10 For Fortepiano And Viola Da Gamba Quartet (Uri Caine(P), Vittorio Ghielmi(Viola Basso), Rodney Prada(Viola Tenore), Paolo Biordi(Viola Soprano), Cristiano Contadin(Viola Basso)) 5. Hor Ich Das Liedchen Klingen When I Hear The Song 6. Die Rose, Die Lilie, Die Taube: The Rose, The Lily, The Dove 7. Am Leuchtenden Sommermorgen: This Glowing Summer Morning 8. The Midnight Variation (Uri Caine(P), Ralph Alessi(Tp), Greg Osby(As), Josh Roseman(Tb), James Genus(B), Ralph Peterson(Ds)) 9. The Brass And Drums Variation (Uri Caine(P), Ralph Alessi(Tp), Don Byron(Cl), Josh Roseman(Tb), Bob Stewart(Tuba), Ralph Peterson(Ds) 10. Prelude [Tristan Und Isolude] 11. The Scratch Variation (DJ Logic) 12. The Fats Variation (Uri Caine(P)) 13. Variation For Lute And Clarinet (Don Byron(Cl), Michael Freimuth(Lute)) 14. Urlicht Primal Light 15. Variation 27 For Lute And Flute (Cordula Breuer(Soprano Recorder), Michael Freimuth(Lute)) 16. Desdemona's Lament (Uri Caine(P), Joseffine Lindstrand(Vo), Chris Speed(Cl), John Hebert(B), Jim Black(Ds)) 17. The Organ Variation (DJ Logic) 18. Variation 22 For Fortepiano And Viola Da Gamba Quartet (Uri Caine(P), Vittorio Ghielmi(Viola Basso), Rodney Prada(Viola Tenore), Paolo Biordi(Viola Soprano), Cristiano Contadin(Viola Basso))19. Turkish Rond From Piano Sonata [K331] In A-Major 20. Symphony No.5, Adagietto

(08/04/12)ユリ・ケインの今までのクラシックのベスト集ですが、単なるベスト集にとどまらず、未発表曲(未発表ヴァージョン)が1、4、8-9、11-13、15-18曲目と非常に多くてお得になっています。また、オーソドックスなクラシックものもあれば、例によってかなり彼の手を加えたクラシックからはみ出した曲、そしてジャズメンによって演奏されている曲8-9、12、14、16,19-20曲目)、DJ Logicによる曲11、17曲目など面白い。

2008/04/10

続・自己との対話/ビル・エヴァンス

Billfurther
ビル・エヴァンスのアルバムはよく売れるらしくて、だいたいのリーダー作、サイド参加作が国内盤CDで出ていました。このアルバムもヴァーヴではそれほどマイナーなリーダー作ではないと思うのに、なぜか今回やっと初CD化なんですね。売れる売れないの問題ではなくて、販売の権利に何か問題があったのでしょうか。よく分からないのですが。エヴァンスと言えばピアノ・トリオと言う人が少なからずいらっしゃる中、このアルバムがどの程度注目が集まっているのか、未知数ですけれど、彼のピアノを堪能するにはなかなか面白いアルバムではないかと思います。何たって彼の多重奏ですからね。このピアノ・タッチはやっぱり彼ならではのものだと思います。


続・自己との対話/ビル・エヴァンス(P)(Verve)
Further Conversations With Myself/Bill Evans(P)(Verve) - Recorded August 9, 1967. - 1. Emily 2. Yesterdays 3. Santa Claus Is Coming To Town 4. Funny Man 5. The Shadow Of Your Smile (Love Theme From "The Sandpiper") 6. Little Lulu 7. Quiet Now

邦題「続・自己との会話」。ピアノの多重録音のシリーズとしては2作目で、スタンダードが中心。なぜかリーダー作なのに今になって日本初CD化です。ビル・エヴァンス作曲の4曲目、デニー・ザイトリン作曲の7曲目が加わります。リリカルであり、ある種跳ねるような独特なリズムでのピアノタッチが、しかも多重録音で味わえるということで、現実にはあり得ない1人での複数での演奏を楽しむことができます。発表当時はこういう方法は邪道だったかもしれませんが、今では他ジャンルを含めるとよくある録音方法ゆえ、よりエヴァンス度が増すイメージ。そして通常のピアノのデュオのパターンと言うよりは、2本の手がさらに増えたソロと言ってもいいサウンドです。7曲とも、どこを切ってもエヴァンスの香りが強く立ち上がります。(08年3月19日発売)

2008/04/09

Swingin' Three/セルジュ・デラート・トリオ

Sergeswing
3月は澤野工房から3枚出ましたが、Aterlier Sawanoレーベルとしてはこれ1枚。このレーベル、最初の頃は名盤の発掘・紹介が主な仕事だったのですが、最近は過去に評判の良かったミュージシャンのアルバムを録音してしまう、ということも多くなりました。傾向としては聴きやすいピアノ・トリオが多く、これはこれで売れるのではないか、と思っています。ただ、その発売点数の多さと、自分の好きな方向性とのズレもちょっと気にはなっていて、ここまで追いかけているのだからまだまだ追いかけようとしている自分と、もうそろそろいいかな、と思っている自分とがいます。聴いている分には心地よいし、いいジャズを提供しているとは思うのですが。


Swingin' Three/セルジュ・デラート(P)・トリオ(澤野工房)
Swingin' Three/Serge Delaite(P) Trio(Atelier Sawano AS074) - Recorded June 25-27, 2007. Pascal Combeau(B), Jean-Marc Lajudie(Ds) - 1. If I Love Again 2. My Little Suede Shoes 3. Nardis 4. The Windmilld Of Your Mind 5. Besame Mucho 6. The Boy Next Door 7. Michelle 8. Yours Is My Heart Alone 9. Lament 10. Blues Of L.M. 11. What Is This Thing Called Love 12. Georgia On My Mind

セルジュ・デラートの自作曲はなく(ドラマーのブルースの自作曲は10曲目)、スタンダード、ジャズメン・オリジナル、ポップスなどが中心。繊細ながらも明るく分かりやすい、クリアな力強さもあるピアノ。プロデュースの関係か、かなりメロディアスだけれども、その延長線で2曲目の軽快なドラムソロがあったり、楽しんで聴けます。有名曲の意表をつきつつ、流れを外さないようなアプローチも面白い。4曲目のメランコリックでややスウィングするようなサウンドや、5曲目「ベサメ・ムーチョ」を独特なビートとベースラインもつかった、時に4ビートもあるアプローチは面白い。7曲目の「ミッシェル」もしっとりしたバラードのアプローチ。3曲目は比較的オーソドックスなアプローチながら盛り上がります。12曲目も白っぽさのあるサウンド。(08年3月21日発売)

2008/04/06

Porgy And Bess/メデリック・コリニョン

Medericporgy
ミニマムレーベルというとマニアックな曲やサウンドで、かなり個性的なアルバムばかり(初期にはソロピアノが多く出ていました)だったのですが、ここでのテーマは「ポーギーとベス」特集。しかもマイルス・デイヴィスのアルバムと曲順は違うにしろ、かなり重なっていて、しかもアレンジはギル・エヴァンスのものを参考にしているとのこと。内容的に興味深いですね。11曲目の「マイ・シップ」にしても、マイルスの「マイルス・アヘッド」に収録で、これまたギル・エヴァンスがらみ。ビッグバンドではないし、多少アヴァンギャルドな部分はあったりピアノではなくてフェンダー・ローズですけど、割とオーソドックスなサウンドを持っています。マイルスのアルバムと聴き比べてみると面白いかもです。


Porgy And Bess/メデリック・コリニョン(Cor、Bugle、Vo)(Minimum)(澤野工房)
Porgy And Bess/Mederic Collignon(Cor, Bugle, Vo)(Minimum 010) - Recorded June 2004. Franck Woeste(Key), Frederic Chiffoleau(B), Philippe Gleizes(Ds), Marie Menand(Vo) - 1. My Man's Gone Now 2. The Buzzard Song 3. Bess, You Is My Woman Now 4. Gone 5. Gone, Gone, Gone 6. I Loves You, Porgy 7. Bess, Oh Where's My Bess 8. Prayer (Oh Doctor Jesus) 9. Fisherman, Strawberry And Devil Crab 10. Here Come De Honey Man 11. My Ship 12. It Ain't Necessary So 13. Mood

ジョージ・ガーシュイン集で、アレンジがギル・エヴァンスとコリニョンによっていると書かれ(13曲目はマイルス・デイヴィスとコリニョン)、マイルス作品の「ポーギーとベス」と曲順は違うにしろ、かなり曲目が重なっています(11、13曲目に、2曲異なる曲が入っています)。ピアノはフェンダー・ローズなので、アコースティック期とエレクトリック期のマイルスの要素が入っているような、不思議なサウンド。オーケストレーションの部分はホーンの多重録音またはシンセサイザーだと思われます。どことなく憂いを帯びていて、ビートはアコースティック・ジャズなので、キーボード以外は割とオーソドックスに響きます。4曲目ではアヴァンギャルドな出だし、6、10曲目では個性的なヴォイスも披露していて、新旧ジャズの折衷的なのが面白い。(08年3月21日発売)

2008/04/05

Entropie/トリアド

Triade
昔Sketchレーベルがつぶれ、澤野の傘下に入ったわけですが、そこを主催していた人がミニマム・レーベルを立ち上げて、またアルバムを作っています。以前はSketchレーベルでも、澤野の雰囲気に合わないような過激なアルバムは直輸入盤仕様として発売されていたのですが、このアルバム、澤野とは雰囲気が合わないにしても「澤野工房」シールを貼って出してしまっている要注意盤です。個人的にはECMの過激なアルバムと似ている雰囲気のため、割と好きな方ですけど、果たして澤野の名前につられて買った人が何人いるか、ちょっと心配です。かなり先鋭的で現代ジャズ的なアルバムなので。聴くのに少々覚悟を決める必要がありそうです。


Entropie/トリアド(Minimum)(澤野工房)
Entropie/Triade(Minimum 003) - Recorded January 7 and 8, 2004. Sebastien Boisseau(B), Nicolas Larmignat(Ds), Cedric Piromalli(P, Key) - 1. Suis-Je Des Miens Encore? 2. Maki 3. Wanbli Defense 4. DDB 5. Textures 6. Znyck Week 7. DDB 8. Musica Riccercata No.7 9. Des Bras A Glaciere 10. Shaab 11. Nasdaq 12. Love Fifteen

ラストにセルジュ・ゲンズブールの曲がありますが、他人の曲も少しあるにしろ、大半がメンバーによる作曲。ピアノとキーボード(ローズ)、そしてエフェクターまで駆使して、フリー系だったりミニマル系だったり非メロディ系だったりと、かなり硬派で現代的なジャズ(人によってはそれをはみ出していると思う人もいるでしょう)のアプローチを見せています。いちいちフレーズが引っかかってきます。曲としてそれぞれが独立しているというよりは、物語的につながっていくような雰囲気も。そして、聴く人にかなり緊張感を強います。これまた欧州現代ジャズの特徴かもしれません。ある意味ECMレーベルの硬派な作品に通じるものがあります。トンガッた曲が続いたあとのラストの曲も、メロディをたどりつつ、ドラムスがアグレッシヴな展開。(08年3月21日発売)

2008/04/04

Shayari/Ron Blake

Ronshayari
ロン・ブレイクのアルバムですが、個人的にはピアニストのマイケル・ケインとジャック・ディジョネット買い。基本がテナー・サックスとピアノのデュオに、誰か1人がゲスト参加という形をとるので、かなり変則的です。それでもディジョネットの参加する曲ではピアノの低音を効かせてベースを補っている形も目立つので、あまり不足感というのはないです。むしろ個人的には好みの演奏だし、メンバーも私好み。アップテンポの4ビートでベースをブイブイいわせて聴かせる曲というのは11曲目しかないので、ここらあたりが、このアルバムを聴いてみたいか、そうでないかの分かれ目になるのではないかな、と思います。


Shayari/Ron Blake(Ts)(Mack Avenue Records)(輸入盤) - Recorded December 2006, January and February 2007. Michael Cain(P), Regina Carter(Vln on 6), Jack DeJohnette(Ds on 2, 4, 8, 12-13), Gilmar Gomes(Per on 1, 3, 10), Christian McBride on 5, 11) - 1. Waltz For Gwen 2. Atonement 3. Come Sun 4. Hanuman 5. What Is You Prayer For? 6. Of Kindred Souls 7. Please Be Kind 8. 76 9. Remember The Rain 10. The Island 11. Teddy 12. Abhaari(Pt. 1) 13. Pbhaari(Pt. 2)

(08/04/04)7、10-11曲目がスタンダードなど他人の曲で、他はロン・ブレイクの作曲(1-2、5、9曲目)かマイケル・ケイン作曲(3、8曲目)あるいは共作(フリー・インプロヴィゼーション)。サックスとピアノを軸に、共演者が1人ずつ加わる変則編成。短めの曲も織り込んで、69分に13曲。ピアノ(プロデュースとアレンジも担当)が個性的でけっこういいせいか、ベースやドラムスがない曲でも自然に安定して聴けます。4ビートの感触のある曲は少なく、精神性の高い曲も何曲かあり、1、5曲目のようにメロディアスな曲もあって、変化があります。ジャック・ディジョネットの参加が5曲と多く、ベースレスの元気なトリオの演奏を聴くことができます。他人の作曲のものは聴きやすいですが、全体として、ある程度聴く人を選ぶかも。

2008/04/02

Rabo De Nube/Charles Lloyd Quartet

2053
ECMのアルバムがやっと1枚届きました。3月上旬には発売されていたのですけど、注文の組み合わせの関係上、届いたのが昨日でした。このアルバム、メンバーが非常に興味深くてスピリチュアルな感じが強い曲もあったり、けっこうフリー度の高い曲もあります。すんなりノレるというわけではないのですが、こういう方面のサウンドが好きな人は、思わず「最高!」と言ってしまうかもしれません。各メンバーの技量も、奥が深そうです。ECMのアルバムにしては盛り上がり度も高め、という点で、より一般的かな、とも思います。それでもやや聴く人を選びそうなので、聴くのは自己責任で、というのをお願いしたいですけど、私は良かったでした。


Rabo De Nube/Charles Lloyd(Ts, Afl, Tarogato) Quartet(ECM 2053)(輸入盤) - Recorded April 24, 2007. Jason Moran(P), Rewben Rogers(B), Eric Harland(Ds, Per) - 1. Prometheus 2. Migration Of Spirit 3. Booker's Gerden 4. Ramanujan 5. La Colline De Monk 6. Sweet Georgia Bright 7. Rabo De Nube

(08/04/02)ラストの曲以外はチャールス・ロイド作曲。興味深いメンバーでのライヴ。ECMらしからぬ、元気のある部分もあります。出だしだけゆったりで、あとはアグレッシヴなフリーに極めて近い緊張感のあるアプローチで緩急も大きく、変幻自在に進んでいく1曲目、哀愁が強く、しっとりと流れていく精神性の高いバラードの後に中盤でやや山のある2曲目、地に足をつけたような重いバラードから、ファンク的なリズムに移り盛り上がる3曲目、エスニックな味わいの高いサウンドで縦横無尽にフレーズが舞い飛んでいる4曲目、ピアノとのデュオでタイトルのようにセロニアス・モンクの雰囲気を醸し出す5曲目、アップテンポになり明るめでかつ自由なサウンド、リズムのソロもある6曲目、淡い乾いたボッサを静かに演ずる7曲目。

2008/04/01

欧州盤はこれからも上がるのか

世間では、ガソリンの暫定税率の撤廃と、日用品の値上げ、医療関係の費用の変化(値上げ、値下げ両方あり)でもちきりで、混乱気味ですが、ちょっとCD関係で気になることが。

過去5年の為替レートを調べてみました(TTM)。

          米国1ドル  EU1ユーロ
平成16年3月末  105.69円   128.88円
平成17年3月末  107.39円   138.87円
平成18年3月末  117.47円   142.81円
平成19年3月末  118.05円   157.33円
平成20年3月末  100.19円   158.19円

最近は円高で騒がれてますが、それは米ドルに対してで、ユーロに関しては円安傾向が続いているんですね。なので欧州盤が今後ますます値上がりして入手しづらくなりそうです。

今回のCriss Cross(本拠地はオランダ)のHMVでの入荷遅れも、代理店との間にトラブルでもあった可能性もあります。2,000円以下で出せるのか、とちょっと心配です。2月新譜はAmazonで何とか4枚、3月までに揃えることができました。HMVよりは少し高めでしたが。

Winter&Winter(本拠地はドイツ)も新譜はモノによっては国内盤より輸入盤の方が高いものも。このレーベル追っかけは今後無理そうで、好きなミュージシャンだけ追いかけようと思います。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト