私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Songs From Spain And Argentina/Kim Kashkashian/Rovert Levin | トップページ | Farewell/Joseph Haydn/Isang Yun/Munchener Kammerorchester/Alexander Liebreich »

2008/03/03

Romaria/The Dowland Project/John Potter

1970
ダウランド・プロジェクトは、古楽の歌唱曲をメインに、ジョン・サーマンのサックスやリコーダーを絡ませるという手法で、昔「オフィチウム」が売れた時に、やはり合唱曲にヤン・ガルバレクのサックスを絡ませたものが売れたので、その延長線上にあるのでしょう。


Romaria/The Dowland Project/John Potter(Tenor)(ECM New Series 1970)(輸入盤) - Recorded January 2006. Milos Valent(Vln, Viola), John Surman(Ss, Bcl, Tenor Recorder, Bass Recorder), Stephan Stubbs(Baroque G, Vihuela) - 1. Got Schepfer Aller Dingen 2. Veris Dulcis 3. Pulcherrima Rosa 4. Ora Pro Nobris 5. La Lume 6. Dulce Solum 7. Der Oben Swebt 8. O Beata Infantia 9. O Rosa 10. Saudade 11. In Flagellis 12. Kyrie Jesus Autem Transiens 13. O Beata Infantia 14. Credo Laudate Dominum 15. Ein Gut Preambel 16. Sanctus Tu Solus Qui Facis 17. Ein Iberisch Postambel

(08/03/02)10曲目と17曲目はMilos Valent、John Surman、Stephan Stubbsのインプロヴィゼーションで、他の曲はトラディショナルだったり、12-17世紀の曲。ここでも、昔の雰囲気を保ちつつも、ジョン・サーマンが以前にはなかった色付けをして、皆で過去の歌に割と自然なアレンジを加えた歌唱の曲が多いです。15曲目はStubbsのソロ。やや薄暗い中世の香りが漂ってきますが、ゆったりと時間が進んでいき、癒される感じです。

« Songs From Spain And Argentina/Kim Kashkashian/Rovert Levin | トップページ | Farewell/Joseph Haydn/Isang Yun/Munchener Kammerorchester/Alexander Liebreich »

ECM1951-2000番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60510048

この記事へのトラックバック一覧です: Romaria/The Dowland Project/John Potter:

« Songs From Spain And Argentina/Kim Kashkashian/Rovert Levin | トップページ | Farewell/Joseph Haydn/Isang Yun/Munchener Kammerorchester/Alexander Liebreich »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト