私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Her First Dance/Misha Alperin | トップページ | Songs From Spain And Argentina/Kim Kashkashian/Rovert Levin »

2008/03/02

ザ・スーツケース/スティーヴ・カーン

Stevesuit
元はブートで出回っていたものだそうですが、公式盤で今回発売されました。なるほど、10年以上前のライヴを出すくらいだからさすが。ショックを受けるくらいの素晴らしさ(私は4ビートも好きですけど、こういうハードコア・フュージョンも大好きです)。こういうジャンルでは「ビック・ヒッツ/ジョン・スコフィールド」(Gramavision)のライヴと双璧をなすぐらい自分の中ではインパクトがありました。旧譜作品には属するのでしょうけれど、今年のベスト3の候補にもなりそうです。3人の丁々発止のやり取り、何回かあるドラム・ソロの素晴らしさ、などインパクトはけっこうあります。ただ聴く人によって、好き嫌いはあるかもしれませんね。これを機会に旧ポリドールの廃盤作品も再発してくれたら売れそうだな、と思うのですが。


ザ・スーツケース/スティーヴ・カーン(G)(55 Records)
The Suitcase - Live In Koln '94/Steve Khan(G)(55 Records) - Recorded May 17, 1994. Anthony Jackson(B), Dennis Chambers(Ds) - 1.Where's Mumphrey? 2. What I'm Said 3. Blue Zone 41 4. Melancholee 5. Played Twice 6. The Suitcase 7. Dr. Slump 8. Blades 9. Guy Lafleur 10. Uncle Roy 11. Eyewitness 12. Capricorn 13. Dedicated To You 14. Caribbean Fire Dance 15. Mr. Kenyatta

ライヴでCD2枚組。ジャズメン・オリジナルが4曲(4-5、14-15曲目)と、スタンダードが1曲(13曲目)、前メンバーによる共作が2曲(1、6曲目)で、他はスティーヴ・カーンの作曲。収録時間も2枚のCDぎりぎりいっぱい。この3人ならではの、ボトム2人による安定した、しかも超絶技巧によるファンク(時に4ビート)の上を、カーンのギターが浮遊感あふれる感じで舞っていたり、時にフレーズが切り込んでいたりと、聴きごたえが満点です。ライヴなので、盛り上がるところはとことん盛り上がって技巧が出ていたり、もちろんバラードの曲はゆったりとして、長い時間を飽きさせずに聴かせてしまいます。ジャズメン・オリジナルも、彼のオリジナルのようなサウンド。ギター・トリオのファンクだったらこれ、とまで言えるアルバム。(08年2月20日発売)

« Her First Dance/Misha Alperin | トップページ | Songs From Spain And Argentina/Kim Kashkashian/Rovert Levin »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきました。
本作はあまりにも凄すぎて、アングリとあいた口が塞がりませんでした(笑)
特にデニチェンのこれでもかというぐらいの壮絶なドラムソロにはぶっ飛びましたです。
わたし的には今年のフュージョン部門のベスト1にもう決まりですね。

>naryさん

TBどうもありがとうございます。

いやー、昨夜から続けて(睡眠もとりましたが)この長いアルバムを3回も聴いてしまいました(笑)。

こういうスゴい演奏があるということは、まだ他の日でも録音が残っていないかなあ、なんて思ってしまいます。こうなったら旧作も再発しかないと思うんですけれども。ユニバーサルさん(他でもいいですが)、お願いします。

おそらく、初Steve Khanなのですが、これ以上の演奏はないんじゃないか?と言うのが良いのか悪いのか(汗)

しかし、凄い演奏を目の当たりにしたって感じで、感激しております。

TBさせていただきます。

>oza。さん

TBありがとうございます。

スティーヴ・カーンは昔のポリドール盤が廃盤になってから集めはじめたため、けっこう苦労しましたが、その価値がありました。何年もかかりましたけど。

今回のこのアルバム、今までの集大成(と言っても録音は少々前ですが)とも言える内容で、ハードコア・フュージョンのファンにはたまらない内容ではないかと思っています。

工藤さんこんにちは。聞きました。これはかっこいいですね。特にデニチェン、凄まじかったです。ところで、廃盤の一連の作品お持ちなんですね。うらやましいです。そろそろ再発されないものでしょうか。オークションとかでも、やたらと高いですしねえ、、、

TBさせて頂きました。よろしくお願いします。

>猫ケーキさん

こんばんは。

私はスティーヴ・カーンの作品の大半を廃盤になってから集めはじめたので、何年もかかりましたし、時には定価以上のお金を払ったものもありました。でも時間をかけただけの内容ではありました。

そんな欲求不満を解消できるのがこの新譜です。ホント、いいですね、このアルバム。

ところで猫ケーキさんのTB、入ってませんでした。また時間があったら再トライしてみてください。お願いします。

すみません、他の方のブログでもうまくTB送信できない事がよくあります。再度トライさせて頂きますが、だめでしたら放置してくださいませ。

実際、今回のアルバムで、昔のアイウィットネスを聞けない無念さが随分と軽減されました!

>猫ケーキさん

TBができなかったのは、こちらのココログの不具合かもしれない(他でもあるので)ため、あまり気にしないでください。うまく行かない方はコメント中にリンクをいれてしまう、という方法をとられる方がいますよ。

このアルバムで、カーンの他のアルバムを聴けなくても、雰囲気はだいたい網羅していて、より過激にせまってきますので、けっこう良いかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/40336542

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・スーツケース/スティーヴ・カーン:

» Steve Khan THE SUITCASE [JAZZとAUDIOが出会うと...]
多分、初Steve Khan盤です。 某所にて、発売される情報と、この盤は凄いという話を見つけまして、他のことはあまり深く考えずに 発注をかけました。 これは、1994年のライブなのですが、情報によると以前からBootとしては流れていたもので、Steve Khan本人が、その演奏を聴いて自身の演奏に聴き入ってしまったらしく、それから正規盤発売に向けて動き出したようです。 メンツは、泣く子も黙るSteve Khan(G)、Anthony Jackson(B)、 Dennis Chamb..... [続きを読む]

« Her First Dance/Misha Alperin | トップページ | Songs From Spain And Argentina/Kim Kashkashian/Rovert Levin »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト