私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« San Francisco/Fleurine | トップページ | 欧州盤はこれからも上がるのか »

2008/03/30

Encounters/Danny Grissett

1299
ダニー・グリセットの2枚目のアルバム。このアルバムの前に澤野工房の北川潔のアルバムに、ケニー・バロンの後釜として参加して日本では知名度が上がって、その実力も知られたようです。都会的な印象があるけれども、バリバリと弾く時はよどみなくフレーズが出てくる感じ。メロディアスな方向に流れることもありますが、ややメカニカルな印象もあります。ここでは、割と抑制の効いた曲も少なくないですけど、グイグイ押しまくるよりは難しいのではないかな、と思います。それにしてもこのトリオ、けっこういいですね。特にケンドリック・スコットが要所要所で目立っています。オリジナル曲とピアノ・トリオが好きな方は聴いてみてもいいかも。


Encounters/Danny Grissett(P)(Criss Cross 1299)(輸入盤) - Recorded April 2, 2007. Vincente Archer(B), Kendrick Scott(Ds) - 1. Hopscotch 2. Waltz For Billy 3. A New Beginning 4. Encounters 5. Toy Tune 6. Sunrise 7. It Could Happen To You 8. Never Let Me Go 9. Git!

(08/03/29)前作と同じトリオ。全9曲中6曲(1-4、6、9曲目)がDanny Grissettの作曲。都会的で知が勝ったピアノであるけれど、ドライヴするノリの良さやバラードの美しさもあります。アップテンポでややメカニカルなテーマから一気に突っ走っていく、スマートかつ攻撃的なカッコ良い1曲目、淡々とした感じで進んでいくワルツの2曲目、8ビート的で、緊張感と白くて線の細いさっぱりした感触の3曲目、フリー的に組み立てられた、一体感のあるタイトル曲の4曲目、ウェイン・ショーター作だけどやはり淡々とした感じで弾きまくる5曲目、静かな語り合いのようなバラードの6曲目、スタンダードらしいメロディアスで大人なアプローチをしている7(ややアップテンポ)-8(バラード)曲目、ファンクノリと少しの4ビートが合わさった9曲目。

« San Francisco/Fleurine | トップページ | 欧州盤はこれからも上がるのか »

Criss Cross1251-1300番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

個人的には、前作(Promise)のインパクトが強すぎた(だから、新作も買ったのですが)ような感じで、それを凌駕するには至っていないかなぁと感じたのですが...

でも、この3人の凄さは侮れません。
でもって、この3人ではやっぱりKendrick Scottのインパクトが強烈でした。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBありがとうございます。

そう言えば1作目を聴いたのは一昨年の6月でしたけど、あれはインパクトがありましたね。あれと比べると、というのはありますが、今回は比較的おとなしめの曲は多いにしても、これだけで聴いても楽しめました。やっぱりメンバーが良かったからでしょうか。

こちらからもTBさせていただきました。

そんなにイケイケな曲は多くなかったような感じもしますが、それでいながら内面的にグングン盛り上がってくる様がなんとも素晴らしかったです。
知的でありながらも、決して頭でっかちではないところもまたいいですね。

>naryさん

TBありがとうございます。

何と言うか、あまり派手な曲でなくても3人の演奏によって、オッとくる場面が多かったでした。リーダーのピアノもそうですが、ドラムスにけっこう耳がいきましたよ。

割と知的でもあまりそちらだけではないんで、けっこう好きなピアニストです。

彼のピアノはいいですね。こうやって次々といいピアニストが出てくるあたり、やはりアメリカの層の厚さを思います。
ライブで聴いてみたい。

>madameさん

TBありがとうございます。

ライヴでの来日は、北川潔のバンドに参加したことで、実現性が高いかもですね。

今回Criss Crossから4枚アルバムが出ましたけど、ダニー・グリセットのアルバムが一番気に入りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/40681779

この記事へのトラックバック一覧です: Encounters/Danny Grissett:

» Danny Grissett ENCOUNTERS [JAZZとAUDIOが出会うと...]
最近、話題沸騰中?のDanny Grissettの新譜(2008.02発売)です。 前作(http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/archive/2008/03/04)で、ブッ飛んだのでそのまますぐに購入に踏み切りました。 メンツも前作から変わらずのDanny Grissett(P)、Vicente Archer(B)、Kendrick Scott(Ds)です。 前作で、Kendrick Scottのドラムが良い感じに暴れていたので、それもこの盤での楽し..... [続きを読む]

« San Francisco/Fleurine | トップページ | 欧州盤はこれからも上がるのか »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト