私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ウーマンズ・パヒューム~アルマンド・トロヴァヨーリに捧ぐ/アントニオ・ファラオ | トップページ | January/Marcin Wasilewski Trio »

2008/02/12

Elixir/Marilyn Mazur/Jan Garbarek

1962
ECMレーベル作品が、また新譜が出だしたので、その1日目。マリリン・マズールとヤン・ガルバレクのデュオとはなっていますが、マズールのソロの曲も多くて、やはり彼女のリーダー作という感じです。エキゾチックで静かな場面が多く、また各種パーカッションの音がうるさすぎず、しかもバラエティに富んでいてリアルなサウンドをいろいろ聴くことができます。ただ、内容的にはちょっとマニアックかな、という気はしてます。控えめな演奏ですけれど、リアルで豊かなパーカッションが心地よく響き、そこに時おりサックス、時にフルートが絡んでと、寒色系ながらのどかな光景ですが、その範囲では変化に富んでいます。


Elixir/Marilyn Mazur(Per, etc)/Jan Garbarek(Ts, Ss, Fl)(ECM 1962)(輸入盤) - Recorded June 2005. - 1. Clear 2. Pathway 3. Dunun Song 4. Joy Chant 5. Bell-Painting 6. Elixir 7. Orientales 8. Metal Dew 9. Mother Drum 10. Mountain Breath 11. Creature Walk 12. Spirit Of Air 13. Spirit Of Sun 14. Sheep Dream 15. Talking Wind 16. Totem Dance 17. The Silen In The Wall 18. River 19. On The Move 20. Winter Wish 21. Clear Recycle

(08/02/11)2人の共作が7曲(7、10、12-13、16、18、20曲目)で、他はマリリン・マズール作。共作はフリー・インプロヴィゼーションか。21曲を55分なので小品の連続。パーカッションも、マリンバ、ヴァイブラホンのメロディ楽器をはじめ打楽器もいろいろ使っています。そこに広がるサウンドは、ジャケットのように蒼く薄暗い世界の中での静かな語り合い、といった曲も多いようです。現像的なパーカッションの中を、たゆたうように漂っていくサックスのメロディ。そんな中でもパーカッションとかスチールドラムのような、パルスとノリの良いメロディでのサックスでの3-4、16曲目。またパーカッションのみの曲(タイトル曲の6曲目や、5、8-9、11、14-15、17、19曲目)もあります。基本は静かながらエキゾチックな雰囲気。

« ウーマンズ・パヒューム~アルマンド・トロヴァヨーリに捧ぐ/アントニオ・ファラオ | トップページ | January/Marcin Wasilewski Trio »

ECM1951-2000番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/40085186

この記事へのトラックバック一覧です: Elixir/Marilyn Mazur/Jan Garbarek:

« ウーマンズ・パヒューム~アルマンド・トロヴァヨーリに捧ぐ/アントニオ・ファラオ | トップページ | January/Marcin Wasilewski Trio »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト