私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Midnight Sun/Elisabeth Kontomanou | トップページ | ホームページのサイト内検索の変更 »

2008/01/21

With A Song In My Heart/Akemi

Akemi
今日は「インディーズのジャズCDを応援するページ」に掲載したアルバムの紹介です。アメリカはニューヨークでの自主制作盤なので、こちらでは手には入らないと思いますが、ホームページに掲載した方からたどっていくことができます(メールアドレスあり)。気になる方は、コンタクトしてみてください。


With A Song In My Heart/Akemi(Vo)(自主制作盤) - Recorded October 2006. Chuck Stevens(G), Tal Ronen(B), Quincy Davis(Ds) - 1. With A Song In My Heart 2. So Many Stars 3. Beautiful Love 4. Solitude 5. Once I Loved

アメリカのニューヨークで活動されているAkemiさんの自主制作アルバム。5曲入りのミニアルバムで、スタンダードやボサノヴァなどです。ピアノではなくてギター・トリオというところで、サウンドにまろやかさと柔軟性が出ている感じ。ジャケット裏には「チェット・ベイカーに捧ぐ」と書いてありますが、Akemiさんのヴォーカルのスタンスも、そう言えば影響を受けているようにも感じます。

1曲目は出だしでドラムスのみをバックにスタート、後にギターとベースが加わりアップテンポでスリリングな、ゴキゲンな展開。ヴォーカルは比較的素直な声ですがジャズ向きで、その声の伸び具合や、歌っている時の感触が、なかなか心地良いです。間奏でのギターのソロもなかなか活躍しています。

2曲目は、ゆったりとメロディアスに、軽いボッサのリズムで、都会的な夜の雰囲気で語りかけてきます。ヴォーカルがフワッと包み込んでくる感じで、盛り上がるところは盛り上がります。間奏はベース・ソロ。

ほんの少しアップテンポで、哀愁満点のマイナーな曲。そして、中間部で、なかなか聴きごたえのあるスキャットから間奏のギター・ソロに展開していく、曲のフェイク度もやや高めの、渋さのあるサウンドの3曲目。

パステルカラーを連想させるようなデューク・エリントン作。まどろむような雰囲気でせまってくるバラードの、ゆったりとしたペースが何ともいい感じの4曲目。

そして、ミディアムのボッサで、ややどっしりとしたボトムのサウンドの上を、哀愁を交えて、流れるようにヴォーカルが歌っていく、エンディングにやや個性的なフェイクが入って幕を閉じる5曲目。

今回は選曲と収録時間のバランスがよく、リラックスして聴けましたが、次回はオリジナルやフルアルバムを期待したいところです。センスもなかなかです。

« Midnight Sun/Elisabeth Kontomanou | トップページ | ホームページのサイト内検索の変更 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/17765210

この記事へのトラックバック一覧です: With A Song In My Heart/Akemi:

« Midnight Sun/Elisabeth Kontomanou | トップページ | ホームページのサイト内検索の変更 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト