私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Ghosts Of Bernard Herrmann/ステファン・オリヴァ | トップページ | ホームページの「その他の参加CD」 »

2008/01/09

Estonian Wind/トヌー・ナイソー・トリオ

Tonuesto
澤野工房から12月に出たCDの2枚目。トヌー・ナイソーのアルバムとしては澤野からの3枚目になります。Aterlier Sawanoのレーベルで出たものは聴きやすい演奏が多いのですが、これもまたしかり。ただ、実力を垣間見せてくれるピアニストではありますね。ヨーロピアンで白っぽい演奏なんだけれども、ぐんぐんドライヴする感覚も持ち合わせている感じ。曲もファンク、ボッサ、4ビート、バラードなど変化に富んでいて、飽きさせません。フレーズもタダモノではない場面もあります。ただ、私の好みは極端なものが多いので、比較的オーソドックスなピアノ・トリオのアルバムはなかなかコメントが書きづらく、今日になってしまったというわけ。


Estonian Wind/トヌー・ナイソー・トリオ(P)(澤野工房)
Estonian Wind/Tonu Naissoo(P) Trio(Atelier Sawano AS072) - Recorded September 11 and 12, 2007. Taavo Remmel(B), Ahto Abner(Ds) - 1. I Say A Little Prayer 2. Up Jumped Spring 3. Serenata 4. Blackberry Winter 5. My Heart Belongs To Daddy 6. A Time There Was 7. The More I See You 8. Be My Love 9. Upper East Side

トヌー・ナイソー作は6、9曲目のみで、スタンダードやジャズメン・オリジナルが多い。ノリの良さもある聴きやすいヨーロッパのピアノ。ポップスのように16ビートのファンク・ビートでノリ良くせまるバート・バカラック作の1曲目、フレディ・ハバード作を8分の6拍子でメランコリックに奏でる2曲目、なめらかなメロディにのって盛り上がりもあるボッサの3曲目、しっとりとしたバラードで語りかけていく4曲目、ややアップテンポで、本来の哀愁もなぜが浮き浮きして盛り上がる5曲目、ヨーロッパらしいメロディアスなバラードでも起伏のある6曲目、いく分ゴージャスさをともなってはじまり、ミディアムでノリも出てくる7曲目、淡々とメロディを奏で上げていくバラードの8曲目、アップテンポでアドリブの部分が急速調のスリリングな9曲目。(07年12月21日発売)

« Ghosts Of Bernard Herrmann/ステファン・オリヴァ | トップページ | ホームページの「その他の参加CD」 »

ジャズ」カテゴリの記事

澤野工房」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
彼の澤野からの2枚目を愛聴してます。
このCDも買わないといけないですね。

前回のアルバムはとても音が良かったです。
今回のもいいんでしょうね。早速聴いてみます。

>kofnさん

どうも、はじめまして。
好みは人それぞれですけど、2枚目がお気に入りでしたらば、このアルバムも気に入られるのではないかと思います。ぜひ、聴いてみてください。

こう言う良い演奏を聴いてしまうと、先日発売が中止になった安価盤(http://www.hmv.co.jp/product/detail/2676529)がなんとも惜しいです。
聴いてみたいです。
出せば、逆効果(澤野盤も売れる)も期待できそうなのに...
(と、大人の事情を予測して..(謎))

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

>oza。さん

TBありがとうございます。

まあ、アルバムが出たり出なかったりという話はよくあることなので、できればoza。さんのおっしゃった廉価盤も出て欲しいですけど、このあたり、自分は澤野追っかけなので買うかどうかはその時の評判によるかもしれません。

でも、澤野のアルバムも、そろそろ追っかけるのが大変になってきました。毎月コンスタントに出していますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/17631433

この記事へのトラックバック一覧です: Estonian Wind/トヌー・ナイソー・トリオ:

» Tonu Naissoo Trio Estonian Wind [JAZZとAUDIOが出会うと...]
トヌーナイソの名前は、澤野の1作目が出たときにもちょっと気になりましたし、巷で話題になっていることを知っていましたが、澤野のAS型番は基本的に甘い演奏という変な先入観(未だに持っている)に苛まれて、購入まで至りませんでした。 SK型番がなくなった時点で、そういう傾向が、おそらくかなり薄まっていることは、頭ではわかっているのですが.. が、先日安価CDということで話題になったタパスレコードからトヌーナイソのトリオが発売(http://www.hmv.co.jp/product/deta..... [続きを読む]

« Ghosts Of Bernard Herrmann/ステファン・オリヴァ | トップページ | ホームページの「その他の参加CD」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト