私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ドクター・ジョー~ジョー・ヘンダーソンに捧ぐ/チック・コリア/ジョン・パティトゥッチ/アントニオ・サンチェス | トップページ | タモリの再発CDを3枚買った »

2007/12/28

マイルストーンズ~マイルス・デイヴィスに捧ぐ/チック・コリア/エディ・ゴメス/ジャック・ディジョネット

Chickmiles
チック・コリアの5トリオBOX第2弾です。ここからがはじめて聴く内容になるのですが、さすがこのメンバー、たぶん打ち合わせなし(曲名だけは決めていたかも)のライヴだと思うのですが、自由奔放でいて、トリオのフォーマットが崩れずにエキサイティングな演奏がされているところはスゴいなあ、と思ってしまいます。1枚目と比べて、キーワードは「自由」でしょうか。結果的に曲は何だってよかったんではないか、と感じるぐらい思い切った演奏で、できればもっと長くライヴを聴いていたかったな(40分弱なので)と思います。まあ、スゴいです。反面、ちょっと荒っぽいかな、という気も少し。


マイルストーンズ~マイルス・デイヴィスに捧ぐ/チック・コリア(P)/エディ・ゴメス(B)/ジャック・ディジョネット(Ds)(Stretch)
From Miles/Chick Corea(P), Eddie Gomez(B), Jack DeJohnette(Ds)(Stretch) - Recorded January 14, 2006. - 1. Solar 2. So Near So Far 3. Milestones 4. But Beautiful 5. Walkin'

チック・コリアの5トリオBOX第2弾。チックのオリジナルはなく、マイルス・デイヴィスゆかりの曲が演奏されています。全部で40分弱の演奏ですが、さすがにこのメンバー(録音では初顔合わせらしいです)のこと、自由奔放でしかもエキサイティングな演奏が繰り広げられています。いきなりオリジナルのような感触のアップテンポの4ビートで自由に3人とも暴れまわっている1曲目、明るいミディアムのメロディアスなスタンダード・ナンバーでも自由度満点の2曲目、ややアップテンポながら、ドラマチックに変化して盛り上がりも見せている3曲目、ベースのアルコではじまりチックの硬質なピアノで奏で上げるスタンダードのバラードの4曲目、ほとんどフリー・ジャズの展開で、タイトルがないと分からないくらい解体、再構築した5曲目。(07年10月17日発売)

« ドクター・ジョー~ジョー・ヘンダーソンに捧ぐ/チック・コリア/ジョン・パティトゥッチ/アントニオ・サンチェス | トップページ | タモリの再発CDを3枚買った »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

チック本人は凄腕の3人が揃ったこのライヴ録音を気に入ったそうですが、個人的には、いくらライヴとはいえ、工藤さん同様、私もちょっと全体のプレイの荒さが気になりました。

アドリブ・フレイズの流れも、いつものチックよりスムーズでないのと、ゴメスのプレイも、趣味の悪いベース音だけでなく音程も相変わらず不安定で、残念ながら私は「3つ星」と評価したいと思います。

後のトリオ作品に期待ですね。
(先に買っていた<涙>1枚目は、もちろん私も「5つ星」です。)

また、このボックス・セットが届いてから真っ先に聴いたアドリアン・フェロー(elb)とリッチー・バーシェイ(ds)とのトリオ作は、チックのプレイも若返った感じで、「4つ星半」の出来のように思いました。

工藤さんは、いかがでしょう。

こちらからもTBさせていただきました。

本作でなによりも気に食わないのは収録時間の短さでる。
LP時代じゃあるまいし、今どき40分弱なんて、いくらダラダラと長いCDは嫌いな私でもこの短さには大不満です。
3枚目、4枚目はどちらも70分台の演奏で、結局このライブの時だけいろんなバンドが出演するかなんかして5曲だけしか演奏しなかったのかもしれませんね。

>ナカーラさん

私的には、まあ、このメンバーなので、ある意味キース・ジャレットのトリオみたいに、せーの、ではじまっていて自由奔放に演奏を繰り広げるというのも、まあ、好きな方です。

ただ、録音当時は発表を意識してなかったようで、それが荒さにつながっているのかな、という気もしてます。

まだこの2枚目までしか聴いてないので、年内には5枚目まで行きたいと思ってます。感想はまたその時に。

>naryさん

TBありがとうございます。

やはり録音当時は発表を意識していなかった記録なんでしょうね。時間的には短いですが、ちょっとそこがウィークポイントですけど、このメンバーで聴けた、というのは大きなプラスにはなっていると思います。

まあ、雑誌の御用レビューではないので、あまり持ち上げても、という気はしてますけど(笑)。

モントルーのリズム隊(ゴメス+デジョネ)がピアノトリオを収録したという事実が貴重ではないかと思っているのですが..
※すいません、エバンス盤以外を知らないもので..(汗)

収録時間が短いのはちょっと残念ですが、かなり密度感の濃い演奏をしているとも感じているので..この程度の長さが妥当かなぁとも思ってみたり..


TBさせていただきます。

>oza。さん

TBありがとうございます。

このアルバム、シリーズで出すのではなくて、単品でボコッと出してもらった方がインパクトが強かったのではないかと思います。そういう意味ではちょっと損をしていますね。

このメンバーではトリオが初顔合わせだということだそうで、それを前面に持ってくると、やっぱりスゴい顔ぶれの演奏、ということになると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/17502200

この記事へのトラックバック一覧です: マイルストーンズ~マイルス・デイヴィスに捧ぐ/チック・コリア/エディ・ゴメス/ジャック・ディジョネット:

» Chick Corea From Miles [JAZZとAUDIOが出会うと...]
チックコリアのトリオ連作シリーズの2枚目です。 しかし、ここのところのチックコリアの多作振りには、呆れるものがあります。  中略 それでも、チックコリアの作品となれば買わねばならぬ、聴かねばならぬと、律儀に箱を購入してくるんですから 私も良いお客だなぁと呆れてしまいます(笑) さて、本題のこのアルバムですが メンツが、chick corea(P)、Eddie Gomez(B)、Jack DeJohnette(Ds) 演奏曲が 1. SOLAR 2. SO NEAR ..... [続きを読む]

« ドクター・ジョー~ジョー・ヘンダーソンに捧ぐ/チック・コリア/ジョン・パティトゥッチ/アントニオ・サンチェス | トップページ | タモリの再発CDを3枚買った »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト