私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Folk Songs/Trio Mediaeval | トップページ | 年賀状の作成 »

2007/12/20

ジャズの新書を2冊買った

今月はジャズの新書を2冊買いました。

1冊目は「読んでから聴け!ジャズ100名盤/中山康樹&ジャズストリート著」(朝日新書)で、文字通り名盤紹介本です。ただ、その選盤には一部にはひとひねりしてあるものもある感じです。他の著者は井上章一(以下敬称略)、後藤雅洋、杉田宏樹、林建紀、原田和典、村井康司、吉井誠一郎。アサヒコムの有料Webサイト、「ジャズ・ストリート」の執筆陣であり、有名な人も多いです。

名盤って、レビューを書くのは、よく聴きこんでいる読者が多いだけに、またいろいろな人によって何回も書かれているだけに、けっこう難しいものだと思います。誰も知らないような盤なら、何を書いても分からないですしね(笑)。その名盤を、それぞれの執筆者が個性を出して料理していて、面白くためになりながら、一気に読みました。以前も宝島社より「ジャズ名盤入門」が出ていましたが、そのときはジャズライターになりたてのような人も加わっていたのでしたが、今回は精鋭での執筆陣です。参考にすべきところは多いです。

2冊目は「ジャズ喫茶「四谷」いーぐるの100枚/後藤雅洋著」(集英社新書)で、こちらはまだ今日買ってきたばかりで、パラパラとしか見ていませんけれど、ジャズ喫茶の40年間の歴史をアルバムを出して、ああいうことがあった、こういうことがあったと振り返りながらレビューをしていく、という形式のようです。こちらは有名盤もあるけれども、現在に至るまでの、個性的な盤、割と新しめの盤などが載っていて、自分の好みのアルバムもいくらか掲載されていたりして、うれしかったですね。後藤さんって言えば、ジャズ・ジャイアンツのイメージがあったのですが、今に至るまで、現在進行形の人だな、ということを認識しました。

CDを買うより新書の方が安いので、書店で見かけたら、要チェックかもですね。私の場合、立ち読みをしてから買うか買わないか決めてますが、この2冊は、決めましたよ(笑)。

« Folk Songs/Trio Mediaeval | トップページ | 年賀状の作成 »

ジャズ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

情報ありがとうございます。

しっかり抜けておりました..

で、本日とりあえず?購入してきました。

>oza。さん

何か今月は単行本を含めると3-4冊出るようで、とりあえず、新書だけを購入したような感じです。

後藤さんの本も読み始めましたが、当時のジャズ喫茶の状況とアルバムがシンクロして面白いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/17431130

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズの新書を2冊買った:

« Folk Songs/Trio Mediaeval | トップページ | 年賀状の作成 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト