私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 寒さとの戦い(笑) | トップページ | Folk Songs/Trio Mediaeval »

2007/12/15

Landschaft Mit Entfernten Verwandten/Heiner Goebbels

1811
今回のECM New Seriesはちょっと毛色が変わっていて、クラシック/現代音楽の範疇にも収まるかどうか、というようなサウンドです。ハイナー・ゲッペルスの作品は、他のジャンルからのさまざまな要素を持ち込んできたライヴでの劇のようで、ヴォイスがけっこう出てくるところが彼の作品らしいなあ、と思わせるところ。


Landschaft Mit Entfernten Verwandten/Heiner Goebbels(ECM New Series 1811)(輸入盤) - Recorded October 2004. David Bennent(Voice), Georg Nigl(Baritone), Ensemble Modern, Deutscher Kammerchor, Franck Ollu(Cond) - Part One: 1. Il Y A Des Jours 2. Non Sta 3. The Sirens 4. Ove E Dunque 5. Les Inacheves 6. Tanz Der Dersische - Emplie De 7. In The 19th Century 8. Triumphal March 9. Homme-Bombe 10. Schlachtenbeschreibung 11. Well Anyway 12. Did It Really Happen? 13. Kehna Hi Kya 14. Et C'est Toujours PartTwo: 15. Il Y A Des Jours 16. La Fronde A Hommes 17. Just Like That 18. Bild Der Stadte 19. Ich Leugne Nicht Die Unterscheidung 20. Krieg Der Stadte 21. On The Road 22. And We Said Good Bye 23. On The Radio 24. Different Nations 25. Out Where The West Begins - Train Travelling 26. Je Ne Voyage Plus - Freight Train 27. Principles

(07/12/16)Heiner Goebbelsはドイツの現代音楽家。13曲目と25曲目前半以外は彼の作曲。ライヴ録音で、ジャケットの中の写真を見ると劇か何かなのでしょうか。歌やヴォイスが出てくるところもありますが、パーカッシヴかつ、民族音楽色が濃厚で、リードをとる楽器のフレーズが、ハードなジャズ色を見せる曲もあり、カントリーミュージックもあり、ヴォイスがラップのように響く部分も。現代音楽よりはいろいろな音楽との折衷音楽です。

« 寒さとの戦い(笑) | トップページ | Folk Songs/Trio Mediaeval »

ECM1802-1851番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60510095

この記事へのトラックバック一覧です: Landschaft Mit Entfernten Verwandten/Heiner Goebbels:

« 寒さとの戦い(笑) | トップページ | Folk Songs/Trio Mediaeval »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト