私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Sideways/Jacob Young | トップページ | Currents/Wolfert Brederode Quartet »

2007/11/26

Book Of Velocities/Jon Balke

2010
ECMレーベル新譜聴き2日目。ヨン・バルケは、どちらかと言うと大編成での録音が記憶にあるのですが、ここではソロ・ピアノでの録音。ポール・ブレイの「オープン・トゥ・ラヴ」のような非常に空間的な曲もあれば、けっこう密度の濃い曲もあったりして、変化に富んでいますが、それでもECMという基盤は崩れていないのは見事。ジャズではないと言えば言えるサウンドでしょうけれど、インプロヴィゼーションが根底にあるとなると、やっぱりこれもジャズだ、ということになるのでしょうね。リラックスして聴くタイプの音楽ではないけれど、私はこういう音楽もいいと思います。冷たい感触がいい感じ。


Book Of Velocities/Jon Balke(P)(ECM 2010)(輸入盤) - Recorded September 2006. - Chapter 1: 1. Giada 2. Scintilla 3. Spread 4. Castello 5. Resilience Chapter 2: 6. Single Line 7. Nyl 8. Double Line Chapter 3: 9. Obsidian 10. Sunday Shapes 11. Gum Bounce 12. Finger Bass 13. Contrivance Chapter 4: 14. Drape Hanger 15. Septima Llegada 16. Reel Set 17. Scrim Stand Epilogue: 18. Sonance 19. Nefriit

(07/11/25)全曲Jon Balkeの作曲か、その場でのインプロヴィゼーション。ピアノの鍵盤の音以外の特殊奏法も交えて、無音に近い間の空いた単音の持続の曲から、もう少し張りつめた冷たい感触のあるピアノのフレーズの曲、クラシック的で豊穣なピアノのサウンドの曲、ECM的な緊張感のあるフリーの要素もある曲など、さまざまな世界を全19曲、限られた時間の中で表現しています。多少聴く方に緊張を強いるものの、変化に富んでいて、飽きさせません。ただし、現代音楽とジャズの中間に位置するような感じで、聴き流せるサウンドではないようですし、色彩感も濃淡はありながらも寒色系で統一されているのも、このレーベルらしいところ。有機的、無機的な音のつながりの調和と意外性も楽しもうと思えば楽しめますけど。

« Sideways/Jacob Young | トップページ | Currents/Wolfert Brederode Quartet »

ECM2001-2050番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/17188688

この記事へのトラックバック一覧です: Book Of Velocities/Jon Balke:

« Sideways/Jacob Young | トップページ | Currents/Wolfert Brederode Quartet »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト