私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« オラ!/国府弘子 | トップページ | Voices/Marc Copland »

2007/10/20

「ベック・アンド・バック」ア・トリビュート~ギター殺人者の恋人達

Beck
原盤はアメリカのTone Centerレーベルというところから発売されていますが、全部ではないにしろ、日本でキングレコードから国内盤として発売されています。ハード・コア・フュージョンからロックにかけてを専門にするレーベルのようで、こういう方面が好きなので、今までにもけっこう買いました。今回はジェフ・ベック集。学生時代、あまりロックは聴いていなかったのですが、ジェフ・ベックだけはさすがに何枚かLPを持っていましたよ。変拍子だったり、どこかロックの枠を超える部分があったのか、けっこう聴いた覚えがあります。ここでは10人のギタリストが参加。マイペースだったり意識していたり、さまざまですが、バックのミュージシャンたちのおかげで、比較的統一性のあるハードコア・フュージョンとして楽しめました。


「ベック・アンド・バック」ア・トリビュート~ギター殺人者の恋人達(Seven Seas)
Freeway Jam - To Beck And Backs - A Tribute - Released 2007. Steve Morse(G on 1), John Scofield(G on 2), Eric Johnson(G on 3), Adam Rogers(G on 4), Jeff Richman(G on 5 and Rhythm G), Mike Stern(G on 6), Warren Haynes(G on 7), Chris Duarte(G on 8), Greg Howe(G on 9), Walter Trout(G on 10), Vinnie Colaiuta(Ds on 1-2, 4-5, 7), Mitchel Forman(Key), Stu Hamm(B), Simon Phillips(Ds on 3, 6, 8-10) - 1. Freeway Jam 2. Over Under Sideways Down 3. Beck's Bolero 4. Led Boots 5. El Becko 6. Diamond Dust 7. The Pump 8. Behind The Veil 9. Blue Wind 10. Brush With The Blues

邦題は「「ベック・アンド・バック」ア・トリビュート~ギター殺人者の恋人達」。ジェフ・ベックへのトリビュート作。ベックの作品自体がロックとハード・コア・フュージョンの間にあるようなサウンドの曲が多いので、他のギタリストが参加していても無理なく溶け込んでいる感じです。ロック畑のギタリストもいればフュージョン畑のギタリストもいるので、ロック寄りになった感じなのは今までのこのシリーズの他作品と同じ。2曲目のジョン・スコフィールドはあくまでもマイペースなギター演奏ながら、全体的にロックロックしたノリの良い演奏を聴かせてくれます。4曲目のアダム・ロジャースも、ここではロック的なアプローチでちょっと渋めにセッションに参加しています。6曲目のマイク・スターンはソフトな音色で、あくまでもマイペースを崩さすに。(07年9月5日発売)

« オラ!/国府弘子 | トップページ | Voices/Marc Copland »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきました。

Tone Centerレーベルはハードコア・フュージョン大好き人間にとってはたまらないレーベルですよね。
これからも目が離せませんです。
本作はギタリストはもちろんですが、バックも良かったですね。
特にサイモン・フィリップスがヴィニー・カリウタに全然引けをとっていなくて、というかむしろフィリップスの方が凄くてビックリしました。

>naryさん

TBありがとうございます。

最初はこのシリーズ、マイク・スターンはじめ追っかけしているギタリストが何人か入っているから買っていたのですが、次第にシリーズ全体が楽しくなり、次は誰のトリビュートかな、と目を離せなくなりました。

ドラマーの方は2人の違いをあまり注意して聴いていなかったので、再度クレジットを見ながら、聴いてみようかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/16818668

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベック・アンド・バック」ア・トリビュート~ギター殺人者の恋人達:

« オラ!/国府弘子 | トップページ | Voices/Marc Copland »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト