私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« The Zoo Is Far/Christian Wallumrod Ensemble | トップページ | Universal Syncopations 2/Miroslav Vitous »

2007/09/02

アビス/山中千尋

Chihiroabyss
山中千尋のヴァーヴ3枚目。今回も総花的な印象はありますし、各曲とももうちょっと時間が長めでも良かったかなとは思いますが、彼女はけっこうやりたいことがいっぱいあって、それでこれだけ詰め込んだのかな、という印象もあって。彼女のアルバムならば買う人は多いでしょうし、しかも硬派なピアノ。これを聴いて良いと思う人が増えれば、ファンが硬派寄りにシフトしてくるわけで、こういう動きはやっぱりうれしいですね。誰風ってくくりをつけられると、その元の人を超えるのはひと苦労だけど、彼女は誰風でもない、まさに千尋サウンドを奏でています。メジャーなレコード会社でこれだけ冒険的なことができれば、また応援したくなってしまいます。


アビス/山中千尋(P)(Verve)
Abyss/Chihiro Yamanaka(P)(Verve) - Recorded May 22-24, 2007. Vicente Archer(B), Kendrick Scott(Ds) - 1. Lucky Southern 2. The Root Of The Light 3. Sing, Sing, Sing - Give Me A Break 4. Take Me In Your Arms 5. For Heavens Sake 6. Giant Steps 7. I'm Gonna Go Fishin' 8. Forest Star 9. Being Called 10. Downtown Loop

山中千尋の作曲は共作を含めて4曲(2、3の後半、9-10曲目)。エレクトリック・ピアノも使用して、さまざまな方向性。キース・ジャレット作の牧歌的でラテン的なノリの1曲目、エレピのダイナミックなソロがスピード感を増す2曲目、8ビートや8分の7拍子、アバンギャルド、バラードなど目まぐるしく変わっていく3曲目、アップテンポでオーソドックスなバップフレーズを披露する4曲目、女性的なしっとりしたバラードを奏でる5曲目、「ジャイアント・ステップス」を3拍子と半ばで4拍子、エレピとアコピで変則的に攻める6曲目、豪快なエリントンサウンドをさらにひねった7曲目、ベースの同じ音の上をエキゾチックにピアノが飛び回る8曲目、目まぐるしいアヴァンギャルドさのある9曲目、オルガンとファンクビートがカッコ良いスピーディな10曲目。(07年8月22日発売)

« The Zoo Is Far/Christian Wallumrod Ensemble | トップページ | Universal Syncopations 2/Miroslav Vitous »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こちらからもTBさせていただきました。

ヴァーヴの1作目は山中がジェス・ワッツを全然使い切れていなくて、これは移籍して失敗だったかなあとも思ったものですが、2作目、3作目と素晴らしい作品が続きますね。
それにしても今までのアコースティック路線からサウンドが大きく変化したものです。
それが山中本人の意向なのかプロデューサーの意向なのかは分かりませんが、でもこんな山中もいいですね。
次回作も期待できそうです。

>naryさん

TBありがとうございます。

だんだん慣れてくると冒険的なことをやりたくなってくるのは、大西順子のときもそうでしたが(彼女の場合、電気化したアルバムを出した後に突然消えてしまいましたが)、山中さんはもっとうまく自分のものにして、もっと個性的になっていきそうです。

10月にもDVDが出るようですが、ヴィジュアル系は観ないので、残念ながらパスになるかもしれません。

TBありがとうございます。

電気導入ということで、大西さんのことが
頭をよぎったのは私も同様です。

でも、その心配が杞憂に終わりそうな感じの
完成度で、ちょっとホッとしています。

TBさせていただきます。

>oza。さん

こちらこそTBありがとうございます。

いろいろなことをやっていますが、うまくまとまっているなという印象も強いです。たぶんそれは、曲の配列のせいだろうと思うのですが。ただ、個人的には1曲をもう少し長くやって欲しかった、というのはありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/16307741

この記事へのトラックバック一覧です: アビス/山中千尋:

» 山中千尋 Abyss [JAZZとAUDIOが出会うと...]
山中さんは、何作目になるんでしょう 一通り、映像作品以外は全部買っているつもりですが、前作がなかなかヨカッタので、今回の作品は 期待度は、皆さんもかなり高かったと思います。 ただ、今回は電気鍵盤楽器を使用しているという話が発売前に伝わってきたときに、某大西さんの ことを思い出した人も、これまた多いんじゃないかと思います。 彼女の場合、電気鍵盤楽器を使用したfusion作品を作ったところで、巷のジャズファンに愛想をつか れた感じになって(事実、あまりデキは良くなかったと思う。)、そ..... [続きを読む]

« The Zoo Is Far/Christian Wallumrod Ensemble | トップページ | Universal Syncopations 2/Miroslav Vitous »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト