私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Re: Pasolini/Stefano Battaglia | トップページ | The Zoo Is Far/Christian Wallumrod Ensemble »

2007/09/01

Double Exposure(Complete)/佐藤允彦

Satodouble
さて、そろそろ遅れ気味だった8月発売の国内盤を聴いていくことにします。と言っても、これは’80年代に出たCDに未発表曲を1曲追加してリマスター、しかもSACDとのハイブリッド盤にしての再発売のアルバム。このリズムセクションが当時はけっこう好きで、また、佐藤允彦のリーダー作も当時はCDで出たものは追いかけてました。最近は彼の作品も多く、追いきれなくなりましたが。その彼の作品の中でも好きだったのがこのアルバム。通常だと曲追加とかリマスターとかではあまり買い替えをやらないのですが、このアルバムだけは特別。再発で税込み2,730円というのも高めですね(笑)。でもいいんです。好きなんだから。解説を読みましたが、当日に譜面を渡してこれだけできれば、たいしたものです。


Double Exposure(Complete)/佐藤允彦(P)(A Touch)
Double Exposure(Complete)/Masahiko Satoh(P)(A Touch) - Recorded June 3, 1988. Eddie Gomez(B), Steve Gadd(Ds) - 1. Go No Sen 2. Yellow Dolphin 3. Alice In Wonderland 4. Bamboo Shoots 2 5. Evening Snow 6. Phodilus Badius 7. Fumon 8. Thus The Song Passed 9. Nouvelle Cuisine 10. Duke's Calypso 11. All Blues 12. St. Thomas

六本木ピットインでのライヴ。佐藤允彦のオリジナル(1-2、4-10曲目)あり、スタンダードやジャズメン・オリジナルありの演奏で、カッチリとした3人の演奏は、キマるところはバシバシキマっていくので、どこまでもスリルがあります。グループの性格は、個人的にはラストのフリーの要素も取り入れつつカチッとしている「セント・トーマス」を聴くと分かるような気も。とにかくスゴい。再発売の際に、2曲目「イエロー・ドルフィン」が追加になって、コンプリートとなりました。この曲も、なぜカットになっていたか分からないほど良い出来です。グループの性格上、一発モノというよりは、キメがけっこう多く、4ビートの部分もフリーに近い部分もスマートに流れていく感じです。さすがはデジタル・リズム・セクションと当時呼ばれていた2人。(07年8月22日再発売)

« Re: Pasolini/Stefano Battaglia | トップページ | The Zoo Is Far/Christian Wallumrod Ensemble »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/16276012

この記事へのトラックバック一覧です: Double Exposure(Complete)/佐藤允彦:

« Re: Pasolini/Stefano Battaglia | トップページ | The Zoo Is Far/Christian Wallumrod Ensemble »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト