私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Drumonk/Lorenzo Tucci | トップページ | Tuki/Miki N'Doye »

2007/08/12

Slaughterhouse 3/Gary Willis, Llibert Fortuny, Kirk Covington

Slautgher
ゲイリー・ウィリス買い。グループ名からして冗談音楽みたいな感じがしたのですけれど、何たってトライバル・テックのベースとドラムスを含むトリオですからね。とりあえず聴いておかないと。さすがにこのメンバーが揃っただけのことはありますが、曲自体はあまり入念な打ち合わせがあったというよりも、せーので一気に仕上げて、多重録音?もやったという感じ。まあ、このメンバーなら即興だろうが何だろうが料理して見せますけれどもね。ジャケットや冗談ぽいグループ名で損をしてますが、お目当てのミュージシャンがいるならば聴いてみても損はないかも。多少荒っぽいところはありますけれどもね。


Slaughterhouse 3/Gary Willis(B), Llibert Fortuny(Sax, Reeds, Key), Kirk Covington(Ds)(Abstract Logix)(輸入盤) - Recorded July 11 and 12, 2005. - 1. Slaughterhouse 3 2. Life Story 3. Let's Go 4. Toxic 5. Booty Duty 6. Another Chance 7. Trapeze/Nobody's Friend 8. Stinky 9. Sleep Deprivation 10. Moof 11. Interactive Show

(07/08/11)全曲3人の合作。グループ名は邦題で「堵殺場(とさつじょう)トリオ」。サックス(多重録音?やシンセサイザーもあり)・トリオでのファンク。ただしグループ名とは印象は異なり、ややハードで自由なファンクの路線を行きます。この中ではグループ名の1曲目が一番ハードかなと思わせます。トライバル・テックでのベースとドラムなので、そこの複雑なビートの上に、少しまったりした浮遊感のあるサックス(シンセ)が絡むという構図が多め。少しミュートが効いた感じながらもバリバリと弾きこなすゲイリー・ウィリスのベースは相変わらず。ギターのように聴こえる部分があるけれど、クレジットを見るとシンセサイザーのようです。静かな場面も彼ら独特の雰囲気。11曲目後半はヴォイス(歌)入りの4ビートっぽいサウンド。

« Drumonk/Lorenzo Tucci | トップページ | Tuki/Miki N'Doye »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/16076196

この記事へのトラックバック一覧です: Slaughterhouse 3/Gary Willis, Llibert Fortuny, Kirk Covington:

« Drumonk/Lorenzo Tucci | トップページ | Tuki/Miki N'Doye »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト