私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Sky Dive/Freddie Hubbard | トップページ | Live-Roaring Colors/NEXT ORDER »

2007/08/26

Ojos Negros/DinoSaluzzi/Anja Lechner

1991
今日はバンドネオンとチェロのデュオの作品の紹介です。ちょっと4ビートジャズからは離れた世界だし、チェリストの方はクラシックの方のようでもあるしで、ジャズのアルバムとして紹介するには腰が引けてしまうのですが、個人的にはインプロヴィゼーション(もっと説明を加えると、広義の意味でのアドリブ)があればジャズと認めていいと思っているので、これも入れていいでしょう、となります。寒色系の沈んだサウンドが続くので、BGMには不向きだろうなあと思うのですが、聴いていると不思議と心の中にしみこんでくるものがあります。どちらかと言えば、クラシックの鑑賞に近いような感じです。「ゆったり」「ゆっくり」がコメントに何度も出てくるのでちょっと陳腐ですが、これがピッタリ来るのかと。


Ojos Negros/DinoSaluzzi(Bandoneon)/Anja Lechner(Cello)(ECM 1991)(輸入盤) - Recorded April 2006. - 1. Tango A Mi Padre 2. Minguito 3. Esquina 4. Duetto 5. Ojos Negros 6. El Titere 7. Carretas 8. Serenata

(07/04/14)タイトル曲の5曲目以外はディノ・サルーシの作曲。チェロとのデュオで、地味だけれどなかなか渋い世界が現出しています。タンゴとは言いながら、リズム楽器がないため、その切ない哀愁のメロディが強調されてせまってくる1曲目、ゆったりホンワカとした旋律から現代音楽のようなフレーズも混ざる色調が変化する2曲目、ゆったりとした川の流れのように、時にややリズミカルに進んでいく3曲目、沈んだ寒色系のサウンドがゆっくりと語りかけてくる4曲目、何となく伝統的なタンゴの部分も残されているように感じる、やや淡い5曲目、クラシックのようにきちっとして、ちょっと静かに進んでいく6曲目、綾織り系の渋い沈んだハーモニーが心に響くゆったりした7曲目、落ち着きと、デュオの割に厚い雰囲気のある8曲目。 (07年4月25日発売 邦題「黒い瞳」)

« Sky Dive/Freddie Hubbard | トップページ | Live-Roaring Colors/NEXT ORDER »

ECM1951-2000番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60510213

この記事へのトラックバック一覧です: Ojos Negros/DinoSaluzzi/Anja Lechner:

« Sky Dive/Freddie Hubbard | トップページ | Live-Roaring Colors/NEXT ORDER »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト