私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 仕事のホームページが明日で開設10周年 | トップページ | Vossabrygg/Terje Rypdal »

2007/08/22

Mysteries/Keith Jarrett

Keithnyste
キース・ジャレットのアルバムコメント手直し聴き8日目。今日のアルバムも、あまり派手な感じはしないけれど、4曲が4曲とも個性的で他のメンバーでは出せない味わいがあるので、なかなかいいなあ、と思ってしまいます。1曲目のアップテンポになったときにホンの少し4ビートは出てきますが、あとは非4ビートの異世界をさまようことになります。でも、このめんばーだとそこがいいんだよね、と思ってみたり。特にここではタイトル曲の4曲目。おそらくフリーに近い形でテンポもアメーバ状に寄り添いながら演奏しているんだろうと思うのですが、味わいもあるし、いい具合に4人のバランスの良いバラードが記録されています。


Mysteries/Keith Jarrett(P, Wood Fl, Per, etc.)(Impulse) - Recorded 1975. Dewey Redman(Ts, Chinese Musette, etc), Charlie Haden(B), Paul Motian(Ds, Per), Guilherme Franco(Per) - 1. Rotation 2. Everything That Lives Laments 3. Flame 4. Mysteries

4曲ともキース・ジャレットの作曲。フリーっぽいアプローチの曲や民族音楽的アプローチの曲もあります。カッコよいテーマが用意されているのだけれども、メンバーの関係か、シャープさではなくてアメーバのようなフレキシビリティも持っている、各ソロがスピーディーでフリーっぽい面も4ビート進行もあるアップテンポの1曲目、メロディアスで哀愁が漂っている曲のうえ、ピアノやサックスがまたよく唄っていて素晴らしいと思える、珍しいボッサタイプの2曲目、フルートとパーカッションではじまり、チャイニーズ・ミュゼットが絡む民族音楽色が満載のエキゾチックな3曲目、ゆったりと自由に各楽器が舞いながら支えあって進行していくバラードの、フリーの要素も入りつつ、各パートのソロも聴きやすい15分台のタイトル曲の4曲目。

« 仕事のホームページが明日で開設10周年 | トップページ | Vossabrygg/Terje Rypdal »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/16149931

この記事へのトラックバック一覧です: Mysteries/Keith Jarrett:

« 仕事のホームページが明日で開設10周年 | トップページ | Vossabrygg/Terje Rypdal »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト