私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Lontano/Tomasz Stanko Quartet | トップページ | コメント手直しはあと4分の1 »

2007/08/19

Fort Yawuh(+1)/Keith Jarrett

Keithfort
キース・ジャレットのアルバムコメント手直し聴き5日目。いよいよインパルスに入ります。BOXもので終わっていたと勘違いしていました(笑)。手直しは5枚。アメリカン・クァルテットとしてはECMにも2枚録音がありますが、やっぱりこのインパルス時代でクライマックスを迎えるのかな、という気がしています。相変わらず8ビートのジャズ・ロックもあれば、スピリチュアルな演奏、フリー・ジャズっぽい(というよりオーネット・コールマンの影響を受けた)曲とさまざまですけれど、他ではこの時代なかなか聴くことができない、ある意味濃い演奏ですね。レーベルを超えて、通しで聴かなければ彼の全貌が見えてこないような気にもなったのでした。


Fort Yawuh(+1)/Keith Jarrett(P, Sax, Per)(Impulse) - Recorded February 24, 1973. Dewey Redman(Ts, Chinese Musette), Charlie Haden(B, Per), Paul Motian(Ds, Per), Danny Johnson(Per) - 1. (If The) Misfits (Wear It) 2. Fort Yawuh 3. De Drums 4. Still Life, Still Life 5. Roads Traveled, Roads Veiled

インパルスでのキース・ジャレットの第一弾でライヴ。全曲彼の作曲。フリージャズの影響を感じさせて、サウンドが混沌としている部分もありますが、8ビートフォーク調の曲や、叙情的な面も 相変わらず。このアクの強さが、好みを分けるのでは。粘りのある伸び縮みするようなリズムのオーネットっぽいサウンドで、フリーの要素も大胆に入りつつゴリゴリと進んでいく1曲目、自由なテンポで進行してその後ビートがはっきり出る場面もあり、それでいて叙情的な面を強く見せているタイトル曲の2曲目、素朴な感じの8ビートから徐々に盛り上がりを見せていく、ある意味淡々ともしている3曲目、美しいピアノではじまり、情感あふれるように、しかも淡々と進んでいく4曲目、ピアノではじまって、後半2ホーンのスピリチュアルな5曲目。

« Lontano/Tomasz Stanko Quartet | トップページ | コメント手直しはあと4分の1 »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/16145494

この記事へのトラックバック一覧です: Fort Yawuh(+1)/Keith Jarrett:

« Lontano/Tomasz Stanko Quartet | トップページ | コメント手直しはあと4分の1 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト