私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Johann Ludwig Trepulka/Norbert Von Hannenheim/Klavierstucke Und Sonaten/Herbert Henck | トップページ | 宇宙の花~Flower Of Cosmic/旧橋 壮 »

2007/07/25

Stoa/Nik Bartsch's Ronin

1939
ピアニストでECMというと、耽美的でスペイシーなピアニストだろう、と思っていたら、これが全然ECMらしくない、というか、ECM的ではあるけれども枠にハマっていないというか、そういうピアニストだったんですね。ミニマルなフレーズでこれでもかと繰り返すかと思ったら、変拍子や複合リズムなどで聴き手を幻惑させながら、ファンク的な味付けの部分もあったりという、個人的にはけっこう好みのサウンドではあります。5曲目は8分の11拍子かと思ったら、どうもそうでない部分もあるようで、うかつに何拍子の曲とは書けない部分もあります。各楽器でビートがちがうような曲もあって、スリリング。ECMにしては外向的な部分が目立ちます。


Stoa/Nik Bartsch's Ronin(P, Key)(ECM 1939) - Recorded May 2005. Sha(Contrabass-cl, Bcl), Bjorn Meyer(B), Kaspar Rast(Ds), Audi Pupato(Per) - 1. Modul 36 2. Modul 35 3. Modul 32 4. Modul 33 5. Modul 38_17

全曲ニック・ベルチュの作曲。通常のECM系のピアノと違って、変拍子、ミニマル、ファンク系、外に向かうサウンドがキーワードかも。書き譜が多いとのこと。スペイシーな音からはじまり5拍子系で徐々に密度を濃くしていきファンクに移行していく、複雑なリズムの組み合わせが心地良い15分台もの1曲目、明るめのサウンドになるのだけれどミニマル度と複雑な拍子(9拍子?)とリズムの幻惑度はけっこう高いと思われる、時々立ち止まる2曲目、やや内省的でコード進行が移ろいゆく感じが強い3曲目、静かにはじまり徐々にパーカッションが目立ったりピアノがフレーズを繰り返したり、ファンクになったりする4曲目、変拍子なのか、フレーズの連鎖という言葉が頭をよぎるようなアプローチで、延々と続いていく5曲目。(06年3月15日発売)

« Johann Ludwig Trepulka/Norbert Von Hannenheim/Klavierstucke Und Sonaten/Herbert Henck | トップページ | 宇宙の花~Flower Of Cosmic/旧橋 壮 »

ECM1901-1950番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60510379

この記事へのトラックバック一覧です: Stoa/Nik Bartsch's Ronin:

« Johann Ludwig Trepulka/Norbert Von Hannenheim/Klavierstucke Und Sonaten/Herbert Henck | トップページ | 宇宙の花~Flower Of Cosmic/旧橋 壮 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト