私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Carnegie Hall Concert/Gerry Mulligan & Chet Baker | トップページ | ミロスラフ・ヴィトウスの新作のオーケストレーション »

2007/07/11

Stages Of A Long Journey/Eberhard Weber

1920
このアルバムはシンフォニー・オーケストラとのライヴ盤なんですが、エバーハルト・ウェーバーのECMの過去の作品からセレクトされた曲が目立っています。特にアルバム・タイトルになっていた曲がいくつかあるので、まず彼を知るには、これを聴いてから、という方法もアリかな、と思うようになりました。ECMとしては珍しく2曲目が4ビートで展開していますし、また、少人数での演奏もちりばめられていて、変化に富んでいます。まあ、オーソドックスなファン向けではないですが、ECMが好きな人なら聴いてみてもいいのでは。


Stages Of A Long Journey/Eberhard Weber(B)(ECM 1920)(輸入盤) - Recorded March 2005. Gary Burton(Vib), Jan Garbarek(Ss, Ts), Rainer Bruninghaus(P), Marilyn Mazur(Per), Wolfgang Dauner(P), Reto Weber(Hang), Nino G.(Beat Box), SWR Stuttgart Radio Symphony Orchestra, Roland Kluttig(Cond) - 1. Silent Feet 2. Syndrome 3. Yesterdays 4. Seven Movements 5. The Colours Of Chloe 6. Piano Transition 7. Maurizius 8. Percussion Transition 9. Yellow Fields 10. Hang Around 11. The Last Stage Of A Long Journey 12. Air

(07/06/03)全12曲中Eberhard Weber作は7曲。過去のアルバム収録曲も多く、編成からしても集大成という感じのライヴ。豪華なゲストが入れ替わって演奏を繰り広げます。オーケストラは1、5、7、9、11曲目。変幻自在な展開で途中ラテンタッチになったりシャッフル系だったりの1曲目、カーラ・ブレイ作の珍しくアップテンポの4ビートでジャズしている2曲目、この後3-4曲目はデュオ、他の曲でもオーケストラが入り、起伏のある展開。3曲目は唯一のスタンダード。6曲目はピアノの、8曲目はパーカッションの、12曲目はベースのソロ。9曲目はスリリングなサウンドの部分も。変わった楽器でのトリオでファンク調の10曲目、壮大なドラマを感じるタイトル曲の11曲目。ゲイリー・バートンは1-2、5、7、9、11曲目に参加。 (07年6月20日発売)

« Carnegie Hall Concert/Gerry Mulligan & Chet Baker | トップページ | ミロスラフ・ヴィトウスの新作のオーケストレーション »

ECM1901-1950番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60510460

この記事へのトラックバック一覧です: Stages Of A Long Journey/Eberhard Weber:

« Carnegie Hall Concert/Gerry Mulligan & Chet Baker | トップページ | ミロスラフ・ヴィトウスの新作のオーケストレーション »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト