私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Round About Weill/Gianluigi Trovesi, Gianni Coscia | トップページ | Electra/Arild Andersen »

2007/07/01

LOVE/鈴木重子

Shigekolove
鈴木重子という歌手、不思議な雰囲気を持っている人で、いわゆるオーソドックスなジャズのスタンダードなどをバリバリと歌うタイプではなくて、今回のようにポップスやロックの曲などをフォーキーなアレンジや、ストリングスのアレンジなどで、淡々と歌いかけてくるような人です。純ジャズという立場からすると、ジャズ・ヴォーカリストとしての序列からは外れているようですが、ノラ・ジョーンズ(ちょっと雰囲気は違いますけれども)のように、ジャズから外れて、もっと広い層にアピールする力がありそうです。それが証拠に、このアルバムで10枚目。今回もどれだけ一般のファンにアピールするのかな、と聴いていて思いました。確かに癒し系ですね。


LOVE/鈴木重子(Vo)(Novus-J)
LOVE/Shigeko Suzuki(Vo)(Novus-J) - Released 2007. Asuka Kaneko(Vln, Viola on 1, 4,-5, 7, 10), Febian Reza Pane(P on 4-5, 7-8, 10), Norihito Nagasawa(G on 3-7), Masayoshi Furukawa(G on 1-2, 9), Ryo Watanabe(Per on 2-7), Matsumonica(Harmonica on 3), Asuka Kaneko(Cho on 1), Asuka Kaneko Strings Quartet(On 2), Asuka Kaneko Strings Orchestra(On 10) - 1. Your Song 2. Every Breath You Take 3. Luka 4. O Circo Mistico 5. Kaze Wo Atsumete 6. Raindrops Keep Fallin' On My Head 7. Shape Of My Heart 8. So Far Away 9. Hikari Furu 10. Love

鈴木重子の10作目のアルバム。ポップスやロック系の曲がほとんどで、彼女の作詞作曲も9曲目にあり、これは日本語の曲(他に5曲目も日本語)。彼女の持ち味のささやくような叙情感のある歌い方では、ジャズをストレートにいくよりも、こういう曲をピアノ、アコースティック・ギター、ストリングスなどで、しかも控えめな編成で淡々と歌っていくのが向いているし、定着してきた感じですね。当然ながらベースとドラムスはなし。エルトン・ジョン、スティング、スザンヌ・ヴェガ、バート・バカラック、キャロル・キングなどの曲があり、タイトル曲の10曲目はジョン・レノンの作曲。むしろジャズ・ファンよりはポップス・ファンに広く受け入れられる作風かも。フォーキーな部分に入り込んでいって、癒しとか、安らぎとか、そういう部分があります。(07年6月20日発売)

« Round About Weill/Gianluigi Trovesi, Gianni Coscia | トップページ | Electra/Arild Andersen »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/15605795

この記事へのトラックバック一覧です: LOVE/鈴木重子:

« Round About Weill/Gianluigi Trovesi, Gianni Coscia | トップページ | Electra/Arild Andersen »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト