私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 「日経ベストPCデジタル」の休刊 | トップページ | The Eleventh Hour/Evan Parker Electro-Accoustic Ensemble »

2007/07/15

Cool Nights/Gary Burton

Garycool
ボブ・ジェームス共演・参加作コメント手直し聴き7日目。ゲイリー・バートンのGRPレーベルからのリーダー作ですが、共演者が豪華なことにまず驚きます。そしてサウンドは、淡々としていて非常に分かりやすい曲が多いです。パット・メセニーの曲を4曲も取り上げていて、パットはゲイリー・バートンのバンドにもいたことがあるのですが、逆にリーダーに影響を与えてしまっていた、と言えるかもしれません。その分かりやすい曲の中に、10曲目だけマイナー調のギターがソロをとる曲が、ちょっと沈んで聴こえます。それでも、この曲も、基本のメロディアスというところではクリアしているので、結果、アルバムとしての統一性はあると思います。


Cool Nights/Gary Burton(Vib)(GRP) - Released 1991. Bob James(Key), Bob Berg(Ts), Will Lee(B), Wolfgang Muthspiel(G), Peter Erskine(Ds) - 1. Going Home 2. Cool Nights 3. With Mallets A Forethought 4. Tkae Another Look 5. I Never Left 6. Gorgoeous 7. Huba Huba 8. Hopscotch 9. Artifacts 10. The Last To Know 11. Farmer's Trust

豪華ゲストです。でも豪華すぎて、どちらかというとボブ・ジェームスのリーダー・アルバムにゲイリーバートンがゲスト参加したようなサウンドです。非常に聴きやすいサウンドではありますが。何とパット・メセニーの曲が4曲(2、4、10-11曲目)とボブ・ジェームスの曲が2曲(3、9曲目)も入っています。ゲイリー・バートンの曲はなく、他にはミッチェル・フォアマンの曲が2曲(1、6曲目)が目立つか。バイブラフォンのホンワカした音色と、ソロ自体がどの曲も分かりやすくて聴きやすいので、毒がない反面、BGMとしてはメロディアスだし、いいのかな、とも思います。タイトル曲の2曲目もマイナーファンク的な部分がありますが、基本はメロディアスな曲。スムース・ジャズの分野ですが、そこはこのメンバーなので、けっこういい感じ。

« 「日経ベストPCデジタル」の休刊 | トップページ | The Eleventh Hour/Evan Parker Electro-Accoustic Ensemble »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/15757136

この記事へのトラックバック一覧です: Cool Nights/Gary Burton:

« 「日経ベストPCデジタル」の休刊 | トップページ | The Eleventh Hour/Evan Parker Electro-Accoustic Ensemble »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト