私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Trio/Marcin Wasilewski/Slawomir Kurkiewicz/Michael Miskiewicz | トップページ | The Ground/Tord Gustavsen Trio »

2007/06/15

Straight Up/Bob James Trio

Bobstraight
ボブ・ジェームス旧譜コメント手直し7日目。このアルバムが出たとき、ついに彼もピアノ・トリオでジャズを演奏か、と感慨深いものがあったのですが、いざ聴いてみると、4ビートとか、いわゆるジャズっぽい場面は希薄で、ビートも、ファンクビートだったりさまざまでした。ちょっと期待とは違っていましたけれど、元々はピアノ・トリオでフリージャズや実験音楽の領域まで演奏していた彼のこと、メンバーもスゴいし、これはこれで彼のジャズ・ピアニストとしての側面も聴くことができ、けっこう満足でした。今になってみると4ビートでないピアノ・トリオってゴロゴロありますしね。今聴き返してみて、より味わいが分かったアルバムでした。


Straight Up/Bob James(P) Trio(Warner Bros) - Recoarded December 20 and 21, 1995. Brian Blade(Ds), Christian McBride(B) - 1. Night Crawler 2. Ambrosia 3. James 4. The Jody Grind 5. Lost April 6. Three Mice Blind 7. Hockney 8. Shooting Stars 9. Quiet Now

ピアノ・トリオですが、演奏はいつものボブ・ジェームスという、ちょっと掟破りなアルバム。オリジナル中心(9曲中5曲)で、パット・メセニー (3曲目で原曲の雰囲気が出ている)、ホレス・シルバー(4曲目でけっこうファンキー)、デニー・ザイトリン(9曲目)の曲を1曲ずつ選んだあたりはさすが。トリオながら一部4ビートを混ぜつつ彼らしいキメとファンクのある1曲目、浮遊感とリリカルさ、細かいリズムで進行していく2曲目、スタンダード(かな?)をゆったりしっとりと奏で上げていく5曲目、ちょっと綾織り系のハーモニーを見せつつ明るめと思ったらメカニカルに盛り上がる6曲目、8ビート系でややエキゾチックなテーマとメロディアスな部分が同居する7曲目、ややモーダルで8分の6拍子と4分の4拍子の複合で攻めている8曲目。

« Trio/Marcin Wasilewski/Slawomir Kurkiewicz/Michael Miskiewicz | トップページ | The Ground/Tord Gustavsen Trio »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/15379514

この記事へのトラックバック一覧です: Straight Up/Bob James Trio:

« Trio/Marcin Wasilewski/Slawomir Kurkiewicz/Michael Miskiewicz | トップページ | The Ground/Tord Gustavsen Trio »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト