私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Diverted Travels/Jon Balke & Magnetic North Orchestra | トップページ | Between The Sheets/Fourplay »

2007/06/10

アルバムコメントの手直し

このところ、新譜をあまり買い込んでいないので、昔にやったアルバムコメントの手直しに精を出しています。例えば、今日やったアルバムコメントの手直し。


Elixir/Fourplay(Warner Bros) - Released 1995. Bob James(Key), Lee Ritenour(G), Nathan East(B, Vo), Harvey Mason(Ds)、Phil Collins(Vo), Patti Austin(Vo), Peabo Bryson(Vo) - 1. Elixir 2. Dream Come True 3. Play Lady Play 4. Why Can't It Wait Till Morning 5. Magic Carpet Ride 6. Whisper In My Ear 7. Fannie Mae 8. The Closer I Get To You 9. East 2 West 10. Licorice 11. In My Corner 12. Any Time Of Day

(手直し前)
フォープレイ第3弾も、ぐっと大人っぽいサウンドでカッコ良くせまってきます。全然シリアスでなくどちらかというといわゆるスムースジャズでしょうけれど、そういうサウンドについても肯定的であります。つべこべ言わずに(私がうまく書けないからですが)聴きましょう。

(手直し後)
第3弾も、グッと大人っぽいサウンドでカッコ良くせまってきます。2曲(4、8曲目)以外はメンバーの作曲ないしは共作。スムースジャズですが、70分にわたり極上のサウンドを聴かせてくれます。12曲目はボーナス・トラック。タイトル曲の1曲目は4人全員の作曲で、それにしてはけっこうまとまってメロディアスです。その後も適度にファンクでメロディアスな曲が続いて、割とゴージャスなイメージ。ヴォーカル曲や、コーラスが入っている曲も数曲あります。「ウェスト・チェスター・レディー」のサンプリングも入るゴキゲンな3曲目、フィル・コリンズのヴォーカルが上質なバラードになる4曲目、一部4ビートの部分がある5曲目、男女のデュオ・ヴォーカルが大人の味を醸し出す8曲目、ファンクでも変化も起伏もメロディもある10曲目。


最初にコメントを書いたのはたぶん’98年頃だったと思いますが、当時のホームページの進化度、充実度からすれば、これでも十分だったんですね(笑)。今日、手直ししてみても、書くのがいちばん苦手なスムースジャズなので、良くなったかと言えば???かもしれないのですが。スムースジャズはメロディやサウンド重視なので、コメントを工夫するよりも現物を試聴する方が早いんですね。まあ、こうやって、少しずつ内容を変えていっているわけです。

« Diverted Travels/Jon Balke & Magnetic North Orchestra | トップページ | Between The Sheets/Fourplay »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45524186

この記事へのトラックバック一覧です: アルバムコメントの手直し:

« Diverted Travels/Jon Balke & Magnetic North Orchestra | トップページ | Between The Sheets/Fourplay »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト