私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Fantasm/Stephan Oliva, Bruno Chevillon, Paul Motian | トップページ | One Hopeful Day/Mark Soskin »

2007/06/01

J.S. Bach/Motetten/The Hilliard Ensemble

1875
バッハの合唱作品は、ヒーリングの要素が強いかもしれません。このバッハ作品の輸入盤(初版?)、クレジットを間違えていて、紙カバーにシールを貼って修正してます。完璧主義のECMにしては珍しい失態。


J.S. Bach/Motetten/The Hilliard Ensemble(ECM New Series 1875)(輸入盤) - Recorded November 2003. Joanne Lunn(Soprano), Rebecca Outram(Soprano), David James(Countertenor), David Gould(Countertenor), Rogers Covey-Crump(Tenor, Org), Steven Harrold(Tenor), Gordon Jones(Baritone), Robert Macdonald(Bass) - 1-3. Singet Dem Herrn Ein Neues Lied BWV225 4-6. Der Geist Hilft Unser Schwachheit Auf BWV226 7-17. Jesu, Meine Freude BWV227 18-20. Furchte Dich Nicht, Ich Bin Bei Dir BWV228 21-24. Komm, Jesu, Komm BWV 229 25-27. Lobet Den Herrn, Alle Heiden BWV230 28-29. Ich Lasse Dich Nicht, Du Segnest Mich Denn BWV Anh. 159

(07/05/05)有名なバッハですが、その曲を歌唱で、荘厳な雰囲気に包まれての教会録音。ヒリヤード・アンサンブルにしては女声が2人混ざっていて、総勢8人になっているところがポイントで、歌唱に華やかさと厚みが増している感じです。題とか歌詞(ドイツ語です)を眺めてみると、やはり宗教音楽ということになるのでしょうか。バッハならではの、安定した美しいメロディやカウンターメロディ、ハーモニーなどに包まれて、心地よい音楽。 (07年5月23日発売)

« Fantasm/Stephan Oliva, Bruno Chevillon, Paul Motian | トップページ | One Hopeful Day/Mark Soskin »

ECM1852-1900番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60510679

この記事へのトラックバック一覧です: J.S. Bach/Motetten/The Hilliard Ensemble:

« Fantasm/Stephan Oliva, Bruno Chevillon, Paul Motian | トップページ | One Hopeful Day/Mark Soskin »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト