私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガードVol.1/ポール・モチアン Trio 2000 +Two | トップページ | ヒーコラと更新その他あれこれ »

2007/06/27

Goodbye/Bobo Stenson/Anders Jormin/Paul Motian

1904
ECMレーベルというと、ほとんど4ビートジャズをやらないレーベルで有名ですが、ここでもビート感が出てくるような曲は少ないです。しかもリズムがあっても4ビートにはならない。それに対して、美旋律という言葉でとらえると、けっこうこのアルバムの美旋律度は高いです。冷たい感触だし、ビート感もないということで、一般のジャズファンに受け入れられるかどうかは疑問ですけれど、いわゆるECMファンにはけっこうウケるんではないかと思います。このアルバムも美旋律度が高いのは前半で、10曲目から13曲目までは小品が固まっていて、美旋律度もあるけれどミステリアスな感じが強く、最後の14曲目だけはオーネット・コールマンの曲を、自分を曲げずにやや受け入れている、という感じです。それでもECMの中ではおとなしい方なので、世間ではどう評価されるか、楽しみです。


Goodbye/Bobo Stenson(P)/Anders Jormin(B)/Paul Motian(Ds)(ECM 1904) - Recorded April 2004. - 1. Send In The Clowns 2. Rowan 3. Alfonsina 4. There Comes A Time 5. Song About Earth 6. Seli 7. Goodbye 8. Music For A While 9. Allegretto Rubato 10. Jack Of Clubs 11. Sudan 12. Queer Street 13. Triple Play 14. Race Face

全14曲中ボボ・ステンソンの作曲は12曲目のみで、他のメンバーの曲が6曲あり。ジャズメン・オリジナルや他の作曲家の曲も多め。氷の中でひたすらに美しい演奏が続くような感じで、それは1曲目から実感できます。そして、ビート感も薄く、なだらかに流れていくような感触。好みは分かれるでしょうが、こういう耽美的な世界がまだあったかという感じ。3曲目のようにメロディと哀愁がはっきりしている曲も。何とトニー・ウィリアムス作のやはり美しさが光ってやや盛り上がる4曲目、ドラマを見ているような6曲目、しっとり感がけっこうあるスタンダードのバラードで、タイトル曲の7曲目、クラシックが原曲でも他と違和感のない8曲目、ミステリアスな響きを持つ10-13曲目、オーネット・コールマン作のジャズしている14曲目。(05年9月14日発売)

« ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガードVol.1/ポール・モチアン Trio 2000 +Two | トップページ | ヒーコラと更新その他あれこれ »

ECM1901-1950番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60510537

この記事へのトラックバック一覧です: Goodbye/Bobo Stenson/Anders Jormin/Paul Motian:

« ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガードVol.1/ポール・モチアン Trio 2000 +Two | トップページ | ヒーコラと更新その他あれこれ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト