私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« There Is Still Time/Frances-Marie Uitti/Paul Grifiths | トップページ | 自分の音楽の原点はボブ・ジェームス »

2007/06/07

Franz Schubert/String Quartet G Major Orchestrated By Victor Kissine/Gidon Kremer/Krementara Baltica

1883
ECMレーベルは’05年の8月から10月にかけてトータルで10数枚立て続けにアルバムをリリースしていて、当時アップアップ状態。そのうちクラシック/現代音楽のNew Seriesも、まだ入手していないものを含めて6枚ありました。やっぱりNew Seriesの方は、コメントもクラシック初心者の域を出ていませんが、このレーベルはジャズとクラシックがボーダーレスにつながっているので、やっぱり聴いていく必要があると思います。今回聴いた2枚のうち、1枚はシューベルトだったのでホッとしていますが、クァルテット作品を現代になってオーケストレーションしたものだとのこと。さて、その歴史的意義は?分からないのですが、自然にひとつの作品として聴けました。


Franz Schubert/String Quartet G Major Orchestrated By Victor Kissine/Gidon Kremer(Vln)/Krementara Baltica(ECM New Series 1883)(輸入盤) - Recorded July 2003. Andrejs Gojikovs(Vln), Daniil Grishin(Viola), Kristine Blaumane(Cello), and Orchestra(Krementara Baltica) - String Quartet G Major Op. Posth. 161, D 887: 1. Allegro Molto Moderato 2. Andante Un Poco Moto 3. Scherzo. Allegro Vivace - Trio. Allegretto 4. Allegro Assai

(05/10/04)シューベルトは19世紀ドイツの作曲家。ヴァイオリンのギドン・クレーメルは現代音楽が得意だったのかと思いきや、こういうクラシック曲も演奏するんですね。ストリング・クァルテット用の曲を現代においてVictor Kissineがオーケストレーションをした、という風に読めます。解説には「新たな魅力を引き出した」、とありますが、私には落ち着いた正統派なクラシック曲に聴こえます。こういう作業自体、画期的なことなのかも。 (05年9月21日発売)

« There Is Still Time/Frances-Marie Uitti/Paul Grifiths | トップページ | 自分の音楽の原点はボブ・ジェームス »

ECM1852-1900番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60510641

この記事へのトラックバック一覧です: Franz Schubert/String Quartet G Major Orchestrated By Victor Kissine/Gidon Kremer/Krementara Baltica:

« There Is Still Time/Frances-Marie Uitti/Paul Grifiths | トップページ | 自分の音楽の原点はボブ・ジェームス »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト