私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« The Weeping Meadow/Eleni Karaindrou | トップページ | Diverted Travels/Jon Balke & Magnetic North Orchestra »

2007/06/10

Fourplay

Fourplay
ボブ・ジェームス旧譜コメント手直し聴き3日目。このアルバムはボブ・ジェームスというよりは「フォープレイ」というグループのアルバムなのですが、自分のカテゴリーとしてはやっぱりボブ・ジェームスのアルバムという位置付けです。このアルバムがでた時はこのメンバーでのスーパー・グループなので狂喜しましたし、サウンドもメロディも良く、当時としては珍しく何度も聴いていた記憶があります。BGMにもいいんですね。ただ、今になってアルバムコメントを書け、ということになると、いわゆるスムース・ジャズではあるので、書きにくい、ということもあります。やはりどのアルバムを聴いても、「スムース」に流れていってしまう面もあるので(笑)。


Fourplay(Warner Bros) - Released 1991. Bob James(Key), Lee Ritenour(G), Nathan East(B, Back Vo), Harvey Mason(Ds), El DeBarge(Vo), El DeBarge(Back Vo), Darell DeBarge(Back Vo), Patti LaBelle(Back Vo) - 1. Bali Run 2. 101 Eastbound 3. Fourplay 4. Moonjogger 5. Max-O-Man 6. After The Dance 7. Quadrille 8. Midnight Stroll 9. October Morning 10. Wish You Were Here 11. Rain Forest

一流のミュージシャン4人で組んだグループのファーストアルバム。6曲目がマーヴィン・ゲイの曲以外はメンバーそれぞれの作曲ないしは共作。おそらく打ち込みはなし。聴きごたえもありますが、音も良い点や、曲も良く、ドライブなどのBGMにもなります。とにかく4人の力量が圧倒的なので、聴きやすく、退屈させないという点でも群を抜いています。ボブ・ジェームスの時々個性的なフレーズにも注目。あまり派手でもなく、メロディアスでしかもかなりノリの良さがでている1曲目、ややゆったりめのタイトル曲はリー・リトナーの作曲なので、当時は彼の力が強かったと思わせる3曲目、唯一のヴォーカル曲で、コーラスもキマって黒っぽいながらも洗練された6曲目、ちょっとマニアックな音使いもある7曲目。とにかくバランスのある音。

« The Weeping Meadow/Eleni Karaindrou | トップページ | Diverted Travels/Jon Balke & Magnetic North Orchestra »

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/15366762

この記事へのトラックバック一覧です: Fourplay:

« The Weeping Meadow/Eleni Karaindrou | トップページ | Diverted Travels/Jon Balke & Magnetic North Orchestra »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト