私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Early Piano Music/John Cage/Herbert Henck | トップページ | Senderos/Dino Saluzzi(Bandoneon) »

2007/05/09

魅惑の宵/アート・ガーファンクル

Artsome
魅惑の宵/アート・ガーファンクル(Vo)(Warner Bros.)
Some Enchanced Evening/Art Gartfunkel(Vo)(Warner Bros.) - Released 2007. Steve Gadd(Ds), Dean Peaks(G), Bob Glaub(B), Mike Thompson(Key, Synth, G), Chris Smith(Harmonica), Doug Webb(Ss, Woodwinds, Cl), Alex Navarro(Key, Synth), Frank Simes(G), Maia Sharp(Ts), Randy Kerber(Synth), Lee R. Thourburg(Tp), Nick Sample(Ds Prog), Bobby Ginsberg(Ds Prog), Nichael Montilaa(Per), Richard Perry(B Vo), Frank Simes(G) - 1. I Remember You 2. Someone To Watch Over Me 3. Let's Fall In Love 4. I'm Glad There Is You 5. Quiet Nights Of Quiet Stars (Corcovado) 6. Easy Living 7. I've Grown Accustomed To Her Face 8. You Stepped Out Of A Dream 9. Some Enchanced Evening 10. It Could Happen To You 11. Life Is But A Dream 12. What'll I Do 13. If I Loved You

邦題は「魅惑の宵」。ポップスのアート・ガーファンクルの新作アルバムだけれども、スタンダード集というところがミソ。スティーヴ・ガッドが多くの曲に参加しているにもかかわらず、リズム・キープに徹しています。他のミュージシャンはジャズ畑というよりもスタジオ・ミュージシャンなので、やっぱりポップスの彼がスタンダードに挑戦してみました的な印象の強いアルバムで、ジャズ的にはあまり これといった印象は。でも、例の高いヴォイス(若い時よりは衰えてきましたけれど)で、割とゆったりしたスタンダードを淡々と歌う姿は、やっぱりほのぼのとするし、下手なミュージシャンを聴いているよりはよっぽどいいかと思います。ただ、あくまでもポップスのミュージシャンがスタンダードを聴きやすいアレンジで歌ってみたというアプローチなので、その辺は考慮して。(07年4月11日発売)

« Early Piano Music/John Cage/Herbert Henck | トップページ | Senderos/Dino Saluzzi(Bandoneon) »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/14974549

この記事へのトラックバック一覧です: 魅惑の宵/アート・ガーファンクル:

« Early Piano Music/John Cage/Herbert Henck | トップページ | Senderos/Dino Saluzzi(Bandoneon) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト