私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« フォー・カラーズ/神保彰 | トップページ | いつか王子様が/マンハッタン・ジャズ・クインテット »

2007/05/29

To Be Sung On The Water/Michele Makarski/Giuseppe Tartini/Donald Crockett

1871
ECMお得意のバロック音楽と現代音楽を組み合わせたヴァイオリンのアルバム。


To Be Sung On The Water/Michele Makarski(Vln)/Giuseppe Tartini/Donald Crockett(ECM New Series 1871)(輸入盤) - Recorded March 2004. Ronald Copes(Viola) - Giuseppe Tartini: 1-5. Sonata 4 A Major Donald Crockett: 6. To Be Sung On The Water 7-9: Giuseppe Tartini: Sonata 2 D Major Donald Crockett: 10. Mickey Finn Giuseppe Tartini: 11-13. Sonata 8 B Minor

(06/05/24)Giuseppe Tartiniは18世紀イタリアのヴァイオリン奏者、作曲家、そしてDonald Crockettは20世紀アメリカの現代音楽家。多くはヴァイオリンソロで、6曲目のみヴィオラが加わります。Giuseppe Tartiniの曲はバロック音楽らしいゆったり感とヒーリングの感覚をもたらしてくれます。Donald Crockett作は、あまり難解ではないけれど、ゆったりとしていて、音の連なりやサウンドの微妙な色具合を読み取るようなサウンドです。

« フォー・カラーズ/神保彰 | トップページ | いつか王子様が/マンハッタン・ジャズ・クインテット »

ECM1852-1900番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60510697

この記事へのトラックバック一覧です: To Be Sung On The Water/Michele Makarski/Giuseppe Tartini/Donald Crockett:

« フォー・カラーズ/神保彰 | トップページ | いつか王子様が/マンハッタン・ジャズ・クインテット »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト