私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 'Round Midnight/Terumasa Hino Meets Manhattan Jazz Quintet | トップページ | アンプを替えて1週間経過 »

2007/05/26

Suspended Night/Tomasz Stanko

1868
実はこのCDは’04年2-3月頃に輸入盤で買ったものですが、国内盤が10月21日に出るということで、当時急遽紹介しました。実はこのCDのデザインが、ECMのオフィシャルサイトのトップページ全体に掲載されているものです。つまり、ECMはこういう方向性だということなのかも。曲は相変わらずナンバーを振ったものが多く、フリーを想像させますが、大半の曲は温度感が低いながらも曲としてのまとまりを見せています。4ビートではないジャズでも、それなりの緊張感で、彼ならではの世界を描ききっています。ECMにしては珍しく、盛り上がり気味の曲らしい曲も出てきます。


Suspended Night/Tomasz Stanko(Tp)(ECM 1868) - Recorded July 2003. Marcin Wasilewski(P), Slawomir Kurkiewicz(B), Michal Miskiewicz(Ds) - 1. Song For Sarah 2-11. Suspended Variations 1-10

(04/03/10)このメンバーでは2作目。Variations8と10(9、11曲目)が4人でのフリー・インプロヴィゼーションで、他はトーマス・スタンコのオリジナル。1曲目だけ連作とは違いますが、美しいメロディをもった静かなバラード。2曲目以降の連作は静かな曲、元気のある曲が適度に入り混じっています。連作にするよりはタイトルをつけた方が良いと思いましたが。2曲目以降を聴いてみても、ちょっと異色ながらちゃんと彼ら独特のジャズ。もちろん、静かな曲での哀愁を帯びた美しいメロディを奏でるトランペットやピアノも印象的。3曲目はテンポが良いラテン風の曲で、意外といえば意外。6曲目も硬派なラテンビートに近いノリ。9曲目もノリが良く、フリー・インプロヴィゼーションとはクレジットを見なければ分からないかも。 (04年10月21日発売)

« 'Round Midnight/Terumasa Hino Meets Manhattan Jazz Quintet | トップページ | アンプを替えて1週間経過 »

ECM1852-1900番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60510711

この記事へのトラックバック一覧です: Suspended Night/Tomasz Stanko:

« 'Round Midnight/Terumasa Hino Meets Manhattan Jazz Quintet | トップページ | アンプを替えて1週間経過 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト