私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« In Winds, In Light/Anders Jormin | トップページ | Suspended Night/Tomasz Stanko »

2007/05/26

'Round Midnight/Terumasa Hino Meets Manhattan Jazz Quintet

Terumasamjq
マンハッタン・ジャズ・クインテットの手直し聴きの5日目で、これでこのクインテット(オーケストラ)の特集の手直しは終わりました。私が4ビートジャズを聴きはじめたのが、このグループのファースト・アルバムのあたりの出来事だったのですが、もう20数年経過していることになります。長く続くもんですねー。そして、この後もどんどんアルバムを出していっているので、コンスタントに売れ続けてファンも多いのかなと思わせます。グループ的には、これからジャズを聴こうとする人に向いているサウンド、ということもありますが、かといってセールスだけに目が向いているわけでもなさそうなアレンジなので、今でも追いかけています。


'Round Midnight/Terumasa Hino(Tp) Meets Manhattan Jazz Quintet(Sweet Basil) - Recorded June 15 and 16, 1998. Lew Soloff(Tp), George Young(Ts), David Matthews(P), Charnett Moffett(B), Victor Lewis(Ds) - 1. On Green Dolphin Street 2. Art Blakey 3. Autumn Leaves 4. What's New 5. Body And Soul 6. Someday My Prince Will Come 7. You Don't Know What Love Is 8. 'Round Midnight

マンハッタン・ジャズ・クインテットと日野皓正の出会い。しかも曲目は公募で選んだスタンダード(日野作の2曲目を除く)。日野はどこで吹いても日野。トランペット2管を含む3管編成で、アレンジがいいのか、けっこう自然。8分の6拍子でアフリカンな意表をついたアレンジの1曲目、タイトルの通り、ファンキーなミディアムでちょっと渋めな雰囲気の2曲目、アドリブでアップテンポになり後半のバトルが楽しい3曲目、バラードではなく、やや元気なミディアムで攻める4曲目、同じく、弾むようなミディアムに仕上がっている5曲目、スリリングでジャジーかつドリーミングな、ややアップテンポの4ビートの6曲目、渋めだけれども賑やかで華やかなややアップテンポの7曲目、バラード表現になっているタイトル曲の夜のサウンドの8曲目。

« In Winds, In Light/Anders Jormin | トップページ | Suspended Night/Tomasz Stanko »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/15166345

この記事へのトラックバック一覧です: 'Round Midnight/Terumasa Hino Meets Manhattan Jazz Quintet:

« In Winds, In Light/Anders Jormin | トップページ | Suspended Night/Tomasz Stanko »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト