私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Sangam/Trygve Seim | トップページ | ネット上から引退するかも »

2007/04/01

ムービーズ・トゥー/フランコ・アンブロゼッティ

Francomov2
Enjaの旧譜で、興味深い再発がまたまたあったので、購入。何といっても、ジョン・スコフィールド、ジェリ・アレン、グレッグ・オズビーの参加と、ベースとドラムスも名の知れた人たちのアルバムなので、買わずにはいられませんでした。内容も、それぞれの個性のぶつかり合い、という感じで面白かったです。このアルバム、以前新譜時代に国内盤で発売されていた(’88-89年ごろ?)のですが、その当時はこういうメンバーの取り合わせの妙というのが分からなくて、チェックしませんでした。決まりきったアルバムばかりが再発される中、こういうアルバムも時々再発されるので、やっぱりこまめにチェックしないとですね。


ムービーズ・トゥー/フランコ・アンブロゼッティ(Flh)(Enja)
Movies, Too/Franco Ambrosetti(Flh)(Enja) - Recorded March 22 and 23, 1988. John Scofield(G), Greg Osby(Ss, As), Geri Allen(P), Michael Foemanek(B), Daniel Humair(Ds) - 1. My Man 2. Angel Eyes 3. Theme From Superman 4. Theme From Peter Gun 5. Cinderella's Waltz 6. What's New Pussycat 7. God Bless The Child 8. Steppemwolf

スゴいメンバーによる映画音楽集第2弾。映画音楽も意識してますが、より自由なサウンド。かなり個性的なメンバー達で、ジェリ・アレンはフリー、グレッグ・オズビーはM-BASE真っ只中という感じ。しっとりゆっくりと語り合いながら、哀愁をふりまいているバラードの1曲目、ちょっと意表をついたアレンジと、バリバリジャズしている2曲目、アップテンポの4ビートでアグレッシヴなアプローチをしている3曲目、原曲の8ビートとベース音を意識したグイグイと進んでいく4曲目、ピアノとのデュオで優しいメロディの小品の5曲目、途中からテンポも良くなってメカニカルな浮遊感を伴いつつ進む6曲目、バラードからミディアムで朗々としたフレーズが続く、ソロが楽しみな7曲目、ややアップテンポでメロディもモーダルな雰囲気もある8曲目。(07年3月21日発売)

« Sangam/Trygve Seim | トップページ | ネット上から引退するかも »

Enjaレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/14478495

この記事へのトラックバック一覧です: ムービーズ・トゥー/フランコ・アンブロゼッティ:

« Sangam/Trygve Seim | トップページ | ネット上から引退するかも »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト