私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Trojan Women/Eleni Karaindrou | トップページ | Review/Michael Mantler »

2007/04/12

Live At Pit Inn/Manhattan Jazz Quintet

Mjqpitinn
マンハッタン・ジャズ・クインテット聴き4日目。今回ははじめてのライヴの演奏ですが、やっぱりジャズはライヴに限るって、実際に行く人の言葉なんですけど(笑)。私は何年かは覚えてないですが、この前後に中野サンプラザだったかな、グループを観に行った記憶があります。同じこのメンバーでした。やっぱりライヴの方が演奏時間も長めだし、緊張感と臨場感はありますね。それをCDを聴いて想像するわけですが。再演曲もあったりして、けっこう面白い。それにスタンダードばかりではなく、オリジナルもある程度入れているというところに、やはりコダワリが感じられます。


Live At Pit Inn/Manhattan Jazz Quintet(Paddle Wheel) - Recorded April 21, 1986. Lew Soloff(Tp), George Young(Ts), David Matthews(P), Eddie Gomez(B), Steve Gadd(Ds) - 1. So This! 2. Angel Eyes 3. 'Round Midnight 4. Misticized 5. S.U. Blues 6. Autumn Leaves 7. Rosario

六本木のピットインでのはじめてのライヴアルバム。既出の曲も4曲あり、特に6、7曲目は以前のアルバムのチャーネット・モフェットのベースと比較すると 面白い。このバンドはライヴのほうが熱くなっていいかもしれません。デヴィッド・マシューズ作は3曲(1、6-7曲目)。モーダルでいながらシャープ、ペースがかなりスゴいアップテンポの1曲目、意外にもセンスの良いややアップテンポのラテンで進行する2曲目、原曲のイメージをスマートに表現するスローな4ビートの3曲目、ジョージ・ヤング作でやや早めのメロディアスなワルツで魅了している軽快な4曲目、ライヴでよりブルース的になった(それでも洗練されてますが)5曲目、有名な曲で自由に展開していく15分に及ぶ6曲目、ガッドのドラムスがひきたてる短めの7曲目。

« Trojan Women/Eleni Karaindrou | トップページ | Review/Michael Mantler »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/14642071

この記事へのトラックバック一覧です: Live At Pit Inn/Manhattan Jazz Quintet:

« Trojan Women/Eleni Karaindrou | トップページ | Review/Michael Mantler »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト