私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Never Let Me Go/ロバート・ラカトシュ・トリオ | トップページ | YUZURUさんにお会いしました »

2007/04/28

Exodus/Erkki-Sven Tuur

1830
Exodus/Erkki-Sven Tuur(ECM New Series 1830) - Recorded May 29 and 30, 2002. Isabelle Van Keulen(Vln), City Of Birmingham Symphony Orchestra, Paavo Jarvi(Cond) - 1-3. Concerto For Violin And Orchestra 4. Aditus For Orchestra 5. Exodus For Orchestra

エルッキ=スヴェン・トゥールは20世紀エストニアの現代音楽家。やはり現代音楽らしく難解な様相を持ちながら、ダイナミックで、研ぎ澄まされて突き刺さるような北欧のサウンドを呼び起こします。メロディよりもサウンド全体がせまってくるような感じ。4曲目も不安を感じる音程とダイナミズムが、まるで地の底にいるかのような雰囲気があります。5曲目もタイトルどおりの迫力があって、やや冷たい現代的な香りがします。(03年11月21日発売)

« Never Let Me Go/ロバート・ラカトシュ・トリオ | トップページ | YUZURUさんにお会いしました »

ECM1802-1851番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60510889

この記事へのトラックバック一覧です: Exodus/Erkki-Sven Tuur:

« Never Let Me Go/ロバート・ラカトシュ・トリオ | トップページ | YUZURUさんにお会いしました »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト