私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Hyperion with Higgins/Charles Lloyd | トップページ | Skirting The River Road/Robin Williamson »

2007/03/21

Quartet/Pat Metheny/Brad Mehldau

Quartetmemd
お待ちかね、パット・メセニーブラッド・メルドーの第2弾がクァルテット中心で出ました。1枚目のデュオ中心作と同じ時に一気に録音しているんですね。おそらくこのメンバーでは、かなり速いペースで録音が出来たんじゃないかと思います。1枚目のデュオ中心の繊細さも好きですが、個人的には甲乙付けがたいながらも、こちらのクァルテット作の方が好みかな。何たって12曲中8曲がクァルテット作品ですからね。ギターもいろいろなギターを使用して、まあ、パット・メセニー・グループのような音の出し方をしているものもありますが、表現の幅が広くなって、むしろ良いかな、とも思います。繰り返し聴く盤になりそう。


Quartet/Pat Metheny(G)/Brad Mehldau(P)(Nonesuch)(輸入盤) - Recorded December 2005. Larry Grenadier(B), Jeff Ballard(Ds) - 1. A Night Away 2. The Sound Of Water 3. Fear And Trembling 4. Don't Wait 5. Towards The Light 6. Long Before 7. En La Tierra Que No Olivida 8. Santa Cruz Slacker 9. Secret Beach 10. Silent Movie 11. Marta's Theme (from "Passagio Per Il Paradiso")

(07/03/20)2、4、6、11曲目がデュオ、1曲目が2人の共作、2、4-7、10-11曲目がパット・メセニー作、3、8-9曲目がブラッド・メルドー作。3分の2をクァルテットが占めるので、ノリは割といいと思います。ただ、このメンバーなので4ビート・ジャズにはなりません。しっとりした曲もあり。1曲目で16ビート的な展開をしていて、そこから起伏のある組曲を聴いている感じで進んでいきます。2人を中心に、4人のコンビネーションもなかなか見事。パットはさまざまな種類のギターを使っていて、彼のグループのような気がすることもありますが、メルドー度も高く、やっぱりこのメンバーだよねと思わせるところがなかなか。デュオの曲は2人の繊細なやり取りがここでも聴けます。アヴァンギャルドまたはメカニカルなフレーズも少し。

« Hyperion with Higgins/Charles Lloyd | トップページ | Skirting The River Road/Robin Williamson »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

早速、TBさせていただきます。

当初、高すぎる期待感のせい?と思っていたのですが、
前作の曲毎にメリハリがあったのが良かったのかなぁとも思っています。

でも、両盤とも相当に良いことは間違いないです。

>oza。さん

TBありがとうございます。

私の場合、パット・メセニーがここではやりたいことをやっているな、というのがこちらに一票を入れた理由のひとつです。ただ、どちらも良いに違いなく、本当はどっちが良かったか、というよりはどちらも良かった、という感想が強いです。

メセニーもメルドーも大らかに弾いていますので、けっこうシリアスな音楽をやっているにもかかわらず、温かい雰囲気が伝わってきますね。
二人の相性も抜群だと思います。
どこかで読みましたが、最初の3日がデュオ、その後の3日がカルテットの録音だったようです。
やはり2枚組みにして、デュオとカルテットを切り離してくれた方がよかったなあなんて思ってます。

こちらからもTBさせていただきます。

910さん、こちらのブログへの初TB、うまくいったようです。

意外に簡単なものなのですね。
上手に利用すれば、とてもコミュニケーションを深める上で役に立つ機能だと感じました。


もうこうなったら前作も今作も両方よかったという結論でもいいのではないかと、いろいろな方のコメントを読むと最近は思うようになっています。

録音も両方とも好みでしたし。

>naryさん、ナカーラさん

アルバムはクァルテットとデュオ、結局どちらも良かった、ということで、結論ですね(笑)。

それにしても、このメンバーで計6日間もスタジオに入ったとなると、膨大な量の未発表録音が残されているはず。さらにこれが発売になってくれないかなあ、なんて思っています。

ナカーラさんはニフティへの初TB、簡単だったようでよかったです。これからもよろしくです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/14331933

この記事へのトラックバック一覧です: Quartet/Pat Metheny/Brad Mehldau:

» Pat Metheny/Brad Mehldau METHENY MEHLDAU QURTET [JAZZとAUDIOが出会うと...]
Pat MethenyとBrad Mehldauが組んだアルバムの第2弾です。 前作と、同時期に録音されたもののうち、主にDUOのものが前作、QURTETのものが今作に、 寄せてのリリースです。 でも、前作では2曲がQurtet、今作では4曲がduoでの演奏が入っています。 ちなみに、前作は9/22に紹介しています。 この盤のリリースは3/13だったのですが、当初得た情報では3/6で、ちょいと遅れました。 さらに、当日(3/13)に某店行ったら影も形もない。次の店でも見つけられな..... [続きを読む]

» 『METHENY MEHLDAU QUARTET』 [ジャズ新譜ナビゲーター・ブログ]
 NONESUCH (輸入盤)  2005年12月 NY  Pat Metheny (g) Brad Mehldau (p) Larry Grenadier (b) Jeff Ballard (ds) 昨年のパット・メセニーとブラッド・メルドーのデュオ主体の作品『メセニー・メルドー』に続き、同時期に録音されたカルテット主体の作品が、とうとうリリースされました。 カルテットによる曲だけの作品ではなく、実際は4曲のデュオもあ�... [続きを読む]

« Hyperion with Higgins/Charles Lloyd | トップページ | Skirting The River Road/Robin Williamson »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト