私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Robert Schumann/Zehetmair Quartett | トップページ | There Goes My Heart/ペール-オッラ・ガッド »

2007/03/28

「アルルの女」「はげ山の一夜」「展覧会の絵」

何だか最近、子供に合わせてジャズよりもクラシックづいていますが、今回も「アルルの女」「はげ山の一夜」「展覧会の絵」の廉価盤を注文、届きました。前半の「アルルの女」の中の「ファランドール」と「はげ山の一夜」は、昔のボブ・ジェームスのクロスオーヴァー作品の同曲と聴き比べを子供にさせて、こっち方面に引き寄せられるかどうか、試してみるため。自分も指揮者や楽団は違うけれど、LP時代にクラシックを聴いてみたことがあります。

「展覧会の絵」はロックのEL&Pとの比較かな。ロックの影響って私は多くないのですが、このアルバムと映像作品(だったかな?)はけっこう体験しました。

ところで、「展覧会の絵」ってムソルグスキー作曲だと思いましたが、それはピアノ曲のことで、それをラヴェルがオーケストレーションしたとのこと。初めて知りましたよ。今回のアルバムはその両方のヴァージョンが入っています。

クラシックのCDって10年も前から廉価盤で1,000-1,500円ぐらいで買えるのがあったので、そして今でも安いCDはクラシックの方が多いので、ジャズファンよりもクラシックファンの方がとんでもなく多くCDを所有している傾向があるみたいですね。ジャズは再発ものが安くなってきたのは最近ですもんね。

« Robert Schumann/Zehetmair Quartett | トップページ | There Goes My Heart/ペール-オッラ・ガッド »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/45524155

この記事へのトラックバック一覧です: 「アルルの女」「はげ山の一夜」「展覧会の絵」:

« Robert Schumann/Zehetmair Quartett | トップページ | There Goes My Heart/ペール-オッラ・ガッド »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト