私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Brown Street/Joe Zawinul | トップページ | SUICAかPASMOか、それが問題だ »

2007/03/18

Odradek/Gidon Lewnsohn

1781
Odradek/Gidon Lewnsohn(ECM New Series 1781)(輸入盤) - Recorded July 1997 and February 2001. Alexander Lonquich(P), Auryn Quartett - Matthias Lingenfelder(Vln), Jens Oppermann(Vln), Stewart Eaton(Viola), Andreas Arndt(Cello), Ora Rotem Nelken(P) - 1-5. Piano Quintet 6. Prelude For Piano 7-23. Odarek Quartet 24. Postlude for Piano

(03/02/23)現代音楽家のGideon Lewnsohnのピアノと弦楽四重奏のための作品(1-5曲目)。やはり現代音楽家らしく、複雑かつ硬質な色合いのメロディとハーモニーで迫ってきて、難しめかつ思索的、ややドラマチックな印象。6、24曲目はピアノでのスペイシーなソロの曲で、それぞれ違うピアニストによるヴァージョン違い。7-23曲目の弦楽四重奏でのタイトル曲は、17の短めな断片の曲から成り立っています。こちらも思索的。

« Brown Street/Joe Zawinul | トップページ | SUICAかPASMOか、それが問題だ »

ECM1751-1801番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60511146

この記事へのトラックバック一覧です: Odradek/Gidon Lewnsohn:

« Brown Street/Joe Zawinul | トップページ | SUICAかPASMOか、それが問題だ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト