私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« The Triangle/Arild Andersen w/Vassilis Tsabropoulos and John Marshall | トップページ | Words Of The Angel/Trio Mediaeval »

2007/02/20

United Soul Experience/Wycliffe Gordon Quintet

1224
Criss Crossレーベル順番聴き9日目。ワイクリフ・ゴードンはこのレーベルでリーダー作を多く残していますが、サイドに参加するミュージシャンは今までウィントン・マルサリスの影響下にあったミュージシャンが多かったように思います。サウンドもやっぱりそちら方面で予測ができました。今回はそれとは全く別系統の、しかも有名なミュージシャンで固めています。ホンワカさが満点のトロンボーンが、他のミュージシャンの参加で都会的にシャープになった曲も多いので、やっぱり、参加するメンバーによってサウンドはけっこう異なってくるものだと思いました。特にオリジナルが彼の場合多いので、なおさらそう感じます。


United Soul Experience/Wycliffe Gordon(Tb) Quintet(Criss Cross 1224)(輸入盤) - Recorded December 15, 2001. Seamus Blake(Ts), David Kikoski(P), Larry Grenadier(B), Bill Stewart(Ds) - 1. Get It! Get It! 2. Karen's Contemplation 3. In Flight 4. Everyday 5. Corey's Competition 6. Periwinkle 7. On The Spot 8. Low Key Lightly

(07/02/17)Wycliffe Gordon作が5曲(1-2、4-5、7曲目)、Seamus Blake作が2曲(3、6曲目)。ウィントンゆかりのミュージシャンを離れた録音。こちらはこちらでスゴいメンバーです。トロンボーンもシャープで周りも都会的に洗練されたアップテンポの1曲目、4分の6拍子でほの暗いバラードの世界が展開する2曲目、不思議な拍子のファンクとでも言うべきノリ(?)の良い3曲目、ホンワカしたメロディでゆったりとしたバラードの4曲目、速い8分の6拍子の弾むようなノリでテーマのメロディはゆったり、ソロはモード的な5曲目、やはり8分の6拍子で躍動的な盛り上がりの部分もある6曲目、16ビートで陽性なファンクのノリのブルースの7曲目、デューク・エリントン作でベースとデュオ、お椀使用のゆったりしたバラードの8曲目。

« The Triangle/Arild Andersen w/Vassilis Tsabropoulos and John Marshall | トップページ | Words Of The Angel/Trio Mediaeval »

Criss Cross1201-1250番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/13942562

この記事へのトラックバック一覧です: United Soul Experience/Wycliffe Gordon Quintet:

« The Triangle/Arild Andersen w/Vassilis Tsabropoulos and John Marshall | トップページ | Words Of The Angel/Trio Mediaeval »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト