私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Lux Aeterna/Patrick Demenga/Thomas Demenga | トップページ | The Seasons/John Cage »

2007/01/03

ジャズ・マスターズに捧ぐ-Verve50周年記念カーネギー・ホールコンサート・ライブ

Jazzmasters
昨年暮れに行った千葉県館山市のCDショップ「Sound Space STEP」での発掘盤1日目。ここのお店、通常の新品の国内盤CDのショップなのですが、ジャズの在庫が多く、廃盤になっているものがそのままお店の在庫で眠っているものも多くて、何枚か貴重なアルバムをゲットしました。今日のアルバムは’94年に出たもので、ジョー・ヘンダーソン、ケニー・バレル、アントニオ・カルロス・ジョビンなどの出演や、私がホームページで特集を作っているミュージシャンも多く参加しています。お目当てのミュージシャンの参加曲は少ないですけれど、ランディ・ブレッカーがバック・バンドにいたりします。これだけ豪華だと、権利関係で再発はまず無理だな、と思わせる内容で、今回ゲットできたのは非常にラッキーでした。曲ごとにさまざまな「ジャズマスター」の先輩たちに捧げられている、というようなことが書かれています。


ジャズ・マスターズに捧ぐ-Verve50周年記念カーネギー・ホールコンサート・ライブ
Carnegie Hall Salutes The Jazz Masters(Verve) - Recorded April 6, 1994. Don Alias(Per), Tom Barney(B), Dee Dee Bridgewater(Vo), Ray Brown(B), Kenny Burrell(G), Betty Carter(Vo), Peter Delano(P), Al Foster(Ds), Charlie Haden(B), Omar Hakim(Ds), Herbie Hancock(P, Key), Roy Hargrove(Tp), Joe Henderson(Ts) Bruce Hornsby(P, Key), Antonio Carlos Jobin(P, Vo), J.J. Johnson(Tb), Hank Jones(P), Abbey Lincoln(Vo), Jeff Lorber(Vo), Christian McBride(B), John McLaughlin(G), Jackie McLean(As), Pat Metheny(G), Art Porter(As), Renee Rosnes(P), Stephen Scott(P), Jimmy Smith(Org), Gary Thomas(Ts), Kenny Washington(Ds), Vanessa Williams(Vo), Yosuke Yamashita(P), The Carnegie Hall Jazz Band: Randy Brecker(Tp), Earl Gardner(Tp), Lew Soloff(Tp), Byron Stripling(Tp), Slide Hampton(Tb), Douglas Purviance(Tb), Steve Turre(Tb, Shells), Dennis Wilson(Tb), Jerry Dodgion(As), Frank Wess(As), Alex Foster(Ts), Willie Williams(Ts), Gary Smulyan(Bs), Dennis Irwin(B), Special Guests: Don Sickler(Cond) - 1. Tea For Two 2. Tangerine 3. Shiny Stockings 4. Willow Weep For Me 5. I Must Have That Man 6. Desafinado 7. Manteca 8. Parisian Throughfare 9. How High The Moon 10. Turn Out The Stars 11. The Eternal Triangle 12. How Insensitive 13. Down By The Riverside 14. Yellow Stone 15. It's About That Time 16. Now's The Time

邦題「ジャズ・マスターズに捧ぐ-Verve50周年記念カーネギー・ホールコンサート・ライブ」。これでもかというくらいに新旧豪華な顔合わせのコンサートです。ハービー・ハンコックは1、10、15-16曲目に、チャーリー・ヘイデンは5-6曲目に、パット・メセニーは11-12曲目に、ゲイリー・トーマスは15曲目に参加。1曲1曲は比較的コンパクトになっていて、演奏しているのはけっこうオーソドックスなジャズだけれども、それぞれフィーチャーされたソロイストたちの演奏は個性的でなかなか。ハンコックのピアノはちょっとトンガっていて聴いていると面白いです。バックバンドのメンバーも名前を知っているような腕っこきが多数います。総花的ではあるけれども、こういうセッションもなかなか貴重なので、聴いておいて損はないかも。

« Lux Aeterna/Patrick Demenga/Thomas Demenga | トップページ | The Seasons/John Cage »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

たしか、この盤が出たすぐ後くらいに
Antonio Carlos Jobimが亡くなって、

この後、pat methenyのコンサートで、
How Insensitive をしばらく弾いていたと
記憶しています。

この盤も入手困難なのですね...

>oza。さん

こういう権利関係がややこしそうなアルバムは、やっぱり再発されにくいんじゃないかと思います。10年ほど前に発売されたアルバムですが、よく残っていたものだと思います。そういう意味ではラッキーでした。

初めてコメントします。ヴァーヴのこの音源を探していてヒットしました。発掘CDいいですね、見つけた瞬間の感動はわかります。学生時代、ジャズに足を踏み入れるきっかけになったコンサートでした。BSで放送されていたものを、VHSに録画して擦り切れるまで見ていました。当時はただかっこいいだけでしたが、今思うとすごいメンバーでしたよね。もう亡くなった方も多いし、あれほどのライヴは伝説ですね。

>KAIさん

はじめまして。

このアルバム、発売当初は買う候補からもれていたのですが、後になってから無性に聴きたくなっても、すでに廃盤の状態でした。それが立ち寄ったお店で、しかも新品であったのですからビックリしましたよ。こういうことが過去何回かありましたが、確率的にはけっこう低いことなので、このアルバム、大事にしたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/13307177

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ・マスターズに捧ぐ-Verve50周年記念カーネギー・ホールコンサート・ライブ:

« Lux Aeterna/Patrick Demenga/Thomas Demenga | トップページ | The Seasons/John Cage »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト