私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Wenn Wasser Ware/Bruno Ganz | トップページ | Whisper Not/Keith Jarrett, Gary Peacock, Jack DeJohnette »

2007/01/24

Don't Try This At Home/Michael Brecker

Michaeldont
マイケルブレッカー追悼特集のコメント手直し聴き2日目。2作目の方は、メンバーが曲ごとに入れ替わったりしますが、それでもけっこう強力なメンバーですね。5曲目のハービー・ハンコックのソロはやっぱり存在感があるし、それ以外にもこのメンバーだから最高、という面も多いと思います。やはりEWI(エレキのサックスのようなもの)をかなり使用しているので、オーセンティックなジャズファンには抵抗があるのかもしれませんが、意外に彼の音楽として素直に聴けると思います。今回はエレキベースの曲も数曲ありますが、フュージョンかジャズかと言われると、やっぱりこれはジャズのアルバムだ、と言える内容だと思ってます。かなり現代的ですが。


Don't Try This At Home/Michael Brecker(Ts, EWI)(Impulse) - Released 1988. Mike Stern(G), Don Grolnick(P), Charlie Haden(B), Jeff Andrews(B), Jack DeJohnette(Ds), Mark O'Connor(Vln), Adam Nussbaum(Ds), Herbie Hancock(P), Joey Calderazzo(P), Judd Miller(Synth), Peter Erskine(Ds), Jim Beard(Synth) - 1. Insbynne Reel 2. Chime This 3. Scriabin 4. Suspone 5. Don't Try This At Home 6. Everything Happens When You're Gone 7. Talking To Myself 8. The Gentleman & Hizcaine

マイケル・ブレッカー作ないし共作は3曲(1、5-6曲目)。曲によって編成を変えて演奏。チャーリー・ヘイデンが1-3、5-6曲目に、ジャック・ディジョネットが1、3、5、8曲目に、マイク・スターンが1-2、4-5、7-8曲目に、ハービー・ハンコックが3、5曲目に参加。ジャズ的な曲もありますが、EWIの利用もあって、多彩。民族的な旋律のEWIではじまり突進していく感じの1曲目、静かにはじまりミステリアスな、途中から4ビートで盛り上がる2曲目、しっとりとしたバラードで美しい3曲目、ジャジーながらEWI中心の4曲目、EWI、テナー・サックスでの演奏と緩急自在なタイトル曲の5曲目、しっとり感と浮遊感のあるバラードから盛り上がる6曲目、ファンク的なフュージョンでソロもいい7曲目、幻想的な世界を漂うような8曲目。

« Wenn Wasser Ware/Bruno Ganz | トップページ | Whisper Not/Keith Jarrett, Gary Peacock, Jack DeJohnette »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/13600408

この記事へのトラックバック一覧です: Don't Try This At Home/Michael Brecker:

« Wenn Wasser Ware/Bruno Ganz | トップページ | Whisper Not/Keith Jarrett, Gary Peacock, Jack DeJohnette »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト