私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« コンサート観てきました | トップページ | Music For Two Pianos/Mozart/Reger/Busoni »

2006/12/17

Las Vegas Rhapsody - The Night They Invented Champagne

Lasvegas
Winter&Winterレーベル落穂拾い5日目。ヴォーカルのTheo Bleckmannと安田芙充央氏のアルバム。、ジャズというとちょっとイージーリスニング的な感じもして、ソフト。ラスベガスのショーをイメージしたものだと思われますが、オーケストラを使っていてけっこうゴージャスな雰囲気をかもし出しています。ピアノでジャズっぽく感じの曲もありますけれど、そのピアノのフレーズはあくまでも明るく、といったところで、いわゆるジャジーとは別物ではないかというサウンドカラー。こういうサウンドも聴きやすくてアリかなとは思うのですが、聴くターゲットを選ぶのにちょっと苦労するのではないか、という感じもします。


Las Vegas Rhapsody - The Night They Invented Champagne(Winter&Winter 910116-2 Music Edition)(輸入盤) - Recorded July 11-14, 2005. Theo Bleckmann(Vo), Fumio Yasuda(Cond, P), Kammerorchester Basel - 1. Las Vegas Rhapsody 2. Out Of My Dreams 3. The Night They Invented Champagne 4. Teacher's Pet 5. True Love 6. You Make Me Feel So Younf 7. Chim Chim Cheree 8. A Gal In Calico 9. You Go To My Head 10. Smoke Gets In Your Eyes 11. We Kiss In A Shadow 12. Button Up Your Overcoat 13. I've Got A Gal In Kalamazoo 14. Luck Be A Lady 15. My Favorite Things 16. Las Vegas Rhapsody - Epilogue

(06/12/16)Theo Bleckmannと安田芙充央氏の曲を最初とラストに配し、スタンダードその他聴きやすいスローからミディアムのヴォーカル曲が多く並んでいます。安田氏はクラシック畑の人と思うのですが、オーケストラを率いて、まさにラスベガスでの大掛かりな音楽ショーを聴かせている雰囲気がなかなかゴージャスでいい感じ。Bleckmannの男性ヴォーカルは高めな音域でけっこう甘い声。むしろこの声だと純ジャズでは印象が薄いのかなと思えますが、オーケストラをバックにソフトに歌っている感じは、なるほど、この特集に向いているのかな、と思います。ピアノもある程度ジャズっぽく弾いている場面もあり、淡いジャズ・ヴォーカルの雰囲気と豪華さを味わいたいのには向いています。イージー・リスニング的と言えなくもない。

« コンサート観てきました | トップページ | Music For Two Pianos/Mozart/Reger/Busoni »

Winter&Winterレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/13085817

この記事へのトラックバック一覧です: Las Vegas Rhapsody - The Night They Invented Champagne:

« コンサート観てきました | トップページ | Music For Two Pianos/Mozart/Reger/Busoni »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト