私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Birds And Bells/Bent Sorensen | トップページ | Tokyo'96/Keith Jarrett Trio »

2006/12/08

Half And Half/Richard Wyands Trio

1185
Criss Crossレーベル順番聴き2日目。この頃になってくるとベテランはメルヴィン・ラインぐらいの録音しかなくなってくるのですが、久しぶりにリチャード・ワイアンズのレーベル2作目のリーダー作が出ました。サイドでも2作参加していますが、やはりピアノ・トリオが印象に残ります。若手から中堅にかけてのピアニストでテクニシャンはいくらでもいるでしょうけれど、こういった豊穣なフレーズがちりばめられているピアニストはなかなかベテランでないといないでしょうね。現代ジャズからするとちょっとタイムスリップした感じはありますけれど、ある面きらびやかでなめらかなタッチは割と印象に残ります。


Half And Half/Richard Wyands(P) Trio(Criss Cross 1185)(輸入盤) - Recorded December 8, 1999. Peter Washington(B), Kenny Washington(Ds) - 1. I'm Old Fashioned 2. Blues For Kosi 3. P.S. I Love You 4. Once I Loved 5. Half And Half 6. Beautiful Friendship 7. Daydream 8. IS That So? 9. Time After Time 10. As Long As I Love

(06/12/02)全10曲中Richard Wyands作は2、5曲目のみ。このメンバーでのレーベル2枚目の録音。いぶし銀もあれば華やかな世界もある、やっぱりベテランのピアニスト。少しきらびやかでメロディアスな安定した演奏を聴かせる1曲目、オリジナルではお決まりのようなややアップテンポのブルースの2曲目、地味ながらじっくりと聴かせるバラードの3曲目、語りかけるような渋めのボッサの4曲目、ややアップテンポで弾むようなタイトル曲の5曲目、ソロ・ピアノでキラキラと変化に富んだ世界を創る6曲目、少しアップテンポで流れるようなメロディのボッサの7曲目、少し軽やかなタッチで聴かせるデューク・ピアソン作の8曲目、ソロ・ピアノで味わいのあるフレーズを紡ぎ出す9曲目、少しアップテンポでノリ良く快活な感じの10曲目。

« Birds And Bells/Bent Sorensen | トップページ | Tokyo'96/Keith Jarrett Trio »

Criss Cross1151-1200番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/12904494

この記事へのトラックバック一覧です: Half And Half/Richard Wyands Trio:

« Birds And Bells/Bent Sorensen | トップページ | Tokyo'96/Keith Jarrett Trio »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト