私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Webern/Shostakovich/Burian/Rosamunde Quartet, Munchen | トップページ | Hyperborean/Arild Andersen »

2006/11/07

Sonaten Fur Viola Und Klavier/Johanes Brahms

1630
Sonaten Fur Viola Und Klavier/Johanes Brahms(ECM New Series 1630)(輸入盤) - Recorded November 1996. Kim Kashkashian(Viola), Robert Revin(P) - 1-3. Sonate Nr.2 In Es-Dur 4-7. Sonate Nr.1 In F-Moll

(04/04/11)ブラームスは19世紀ドイツの有名な作曲家。ここでは温かい温度感のしっとりした優しい演奏を聴かせてくれます。曲としてもメロディが前面に出て、安心感のあるしっかりとしたドラマ性と構成を持つ室内楽になっています。まさにクラシックの王道を行く作品。アルバムの前半が長調だったのに対し、後半の出だしは短調の哀愁の漂うメロディが浮かび上がり、再び長調主体に戻っていく起伏のある構成。全体的に明るめ。

« Webern/Shostakovich/Burian/Rosamunde Quartet, Munchen | トップページ | Hyperborean/Arild Andersen »

ECM1602-1650番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60511987

この記事へのトラックバック一覧です: Sonaten Fur Viola Und Klavier/Johanes Brahms:

« Webern/Shostakovich/Burian/Rosamunde Quartet, Munchen | トップページ | Hyperborean/Arild Andersen »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト