私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Structures/John Abercrombie/Eddie Gomez with Gene Jackson | トップページ | 新しいスカイライン(買えないけど) »

2006/11/21

Poros/Dominique Pifarely/Francois Couturier

1647
今日のアルバムも、ECMを象徴しているようなアルバムで、ルイ・スクラヴィスと一緒に活躍しているミュージシャンなんですが、フランス人で、しかもピアノとヴァイオリン、という組み合わせで、ジャズとクラシック/現代音楽とがまさにボーダーレスなんですね。インプロヴィゼーションではあっても、ジャズ色はきわめて薄いです。


Poros/Dominique Pifarely(Vln)/Francois Couturier(P)(ECM 1647) - Recorded April 1997. - 1. Trois Images 2. Poros 3. Labyrintus 4. La Nuit Ravie 5. Retours 6. Warm Canto 7. Vertigo 8. Images 4, 2, 3 9. Gala

2人のフリー・インプロヴィゼーションが2曲(1、8曲目)、Dominique Pifarely作が3曲(2、4-5曲目)、Francois Couturier作が3曲(3、7、9曲目)。ヴァイオリンとピアノのデュオで、表現はかなりクラシック(現代音楽)寄り。空間を生かす音数の少ないインプロヴィゼーションの1曲目、現代音楽を聴いているような複雑な演奏の、語り合うような12分台のタイトル曲の2曲目、ミステリアスな響きを持つ無機的なフレーズが続く3曲目、やや憂いを帯びた内省的な4曲目、緊張感のある速いパッセージの5曲目、マル・ウォルドロン 作曲でも個性的な穏やかな演奏の6曲目、メランコリックと無機質が同居する7曲目、インプロヴィゼーションでも他の曲と違和感のない8曲目、水滴の落ちるようなフレンチサウンドが印象に残る9曲目。

« Structures/John Abercrombie/Eddie Gomez with Gene Jackson | トップページ | 新しいスカイライン(買えないけど) »

ECM1602-1650番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60511895

この記事へのトラックバック一覧です: Poros/Dominique Pifarely/Francois Couturier:

« Structures/John Abercrombie/Eddie Gomez with Gene Jackson | トップページ | 新しいスカイライン(買えないけど) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールアドレス

友人が運営しているサイト