私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Tactics/John Abercrombie | トップページ | Mozart/Piano Concertos K. 271, 453, 466 Adagio And Fugue K.546/Keith Jarrett, Stuttgarter Kammerorchester, Dennis Russel Davies »

2006/11/03

In Krakow In November/Satoko Fujii, Natsuki Tamura

Inkrakow
藤井郷子氏、田村夏樹氏のデュオによるアルバム。前作国内盤「ノマド/ガトー・リブレ」で1曲目に、このアルバムのタイトル曲があったので、両者は同じアルバムかと勘違いしていました。こちらのアルバムは、既出の曲が多いですが、さすがご夫婦だけあって、この2人ならばこうくるか、と他のパターンの予測を許さないような息の合った演奏を聴かせてくれます。しかも、発売元はポーランドのレーベルで、当然ポーランドでの録音。かの地の哀愁がかったジャズサウンド(フリーに近いですが)も再現してみせてくれているようで、何だかうれしいですね。日本よりも外国で人気があると聞きましたが、なるほど、と思わせます。


In Krakow In November/Satoko Fujii(P), Natsuki Tamura(Tp)(Not Two Records)(輸入盤) - Recorded November 8, 2005. - 1. Strange Village 2. A North Wind 3. Morning Mist 4. Ninepin 5. A Holothurian 6. In Krakow, In November 7. Explorer 8. Inori

(06/11/01)ポーランドでのデュオの録音。藤井郷子作が3曲(4-5、8曲目)、田村夏樹作が5曲(1-3、6-7曲目)。再演曲が多いのも特徴か。ちょっと哀愁系のミステリアスな旋律で淡々と進んでいき、ピアノがややアヴァンギャルドに中途で浮かび上がる部分もある1曲目、ノイズ系の音もあったりうごめくようなトランペットとピアノでフリー全開の2曲目、落ち着いてゆったりとしたバラードにやや湿気が混ざっている感じの3曲目、速いパッセージが続いていて、2人ともちょっと淡いながら突っ走る4曲目、ちょっとのたくったようなフリーの小品の5曲目、東欧的と日本的な哀愁が混ざっているバラードのタイトル曲の6曲目、弾んだり途切れたりの出だしからフリーが自在に展開する7曲目、やはり哀愁満点のバラードの8曲目。

« Tactics/John Abercrombie | トップページ | Mozart/Piano Concertos K. 271, 453, 466 Adagio And Fugue K.546/Keith Jarrett, Stuttgarter Kammerorchester, Dennis Russel Davies »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/12513149

この記事へのトラックバック一覧です: In Krakow In November/Satoko Fujii, Natsuki Tamura:

« Tactics/John Abercrombie | トップページ | Mozart/Piano Concertos K. 271, 453, 466 Adagio And Fugue K.546/Keith Jarrett, Stuttgarter Kammerorchester, Dennis Russel Davies »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト