私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Sonaten Fur Viola Und Klavier/Johanes Brahms | トップページ | ライヴ・イン・ヨーロッパVol.1/ヨアヒム・キューン/ダニエル・ユメール/ジャン・フランソワ・ジェニー・クラーク・トリオ »

2006/11/08

Hyperborean/Arild Andersen

1631
Hyperborean/Arild Andersen(B)(ECM 1631)(輸入盤) - Recorded December 1996. Tore Brunborg(Ss, Ts), Bendik Hofseth(Ts), Kenneth Knudsen(Key), Paolo Vinaccia(Per), Cikada String Quartet: Odd Hannisdal(Vln), Henrik Hannisdal(Vln), Marek Konstantynowicz(Viola), Morten Hannisdal(Cello) - 1. Patch Of Light 1 2. Hyperborean 3. Patch Of Light 2 4. Duke Vinaccia 5. Infinite Distance 6. Vanishing Waltz 7. The Island 8. Invisible Sideman 9. Rambler 10. Dragon Dance 11. Stillness 12. Too Late For A Picture

(03/09/29)全曲アリルド・アンデルセンの作曲。曲によって弦楽四重奏団を配していますが、1、3、12曲目は弦楽四重奏のみの演奏。2曲目のタイトル曲(辞書を見たら「極北人」でした。)のように極北の静けさからベースソロやドラムスが漂ってくるサウンドは、やはり彼らならでは。研ぎ澄まされたサックスが寒さと切なさを誘う4曲目、2サックスで哀愁漂うサウンド、かつダイナミックにせまってくる5曲目、マーチ風の小品の6曲目、ゆったりとしながらメロディがはっきりとしている7曲目、かなりスペイシーながらフレーズが時々キラリと光る8曲目、唯一キメが多くてスピード感のある9曲目、ビートはファンクだけれども、やはり北欧ジャズの元気な部分を感じる10曲目、サックスのメロディが心に刺さるような11曲目。

« Sonaten Fur Viola Und Klavier/Johanes Brahms | トップページ | ライヴ・イン・ヨーロッパVol.1/ヨアヒム・キューン/ダニエル・ユメール/ジャン・フランソワ・ジェニー・クラーク・トリオ »

ECM1602-1650番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/60511983

この記事へのトラックバック一覧です: Hyperborean/Arild Andersen:

« Sonaten Fur Viola Und Klavier/Johanes Brahms | トップページ | ライヴ・イン・ヨーロッパVol.1/ヨアヒム・キューン/ダニエル・ユメール/ジャン・フランソワ・ジェニー・クラーク・トリオ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト