私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Variations/Webern/Ustvolskaya/Silbestrov/Boulez/Ingrid Karlen | トップページ | Angel Song/Kenny Wheeler, Lee Konitz, Dave Holland, Bill Frisell »

2006/10/19

Upward And Onward/One For All

1172
Criss Crossレーベル順番聴き1日目。One For AllはVenusなど他レーベルでも録音していますが、とりあえず私の追いかけるのはCriss Crossレーベルのみ。’50年代ハードバップを生かした、より現代的なサウンドだと思っていたら、このアルバムを聴いて、モーダルな手法や複雑な3管アレンジなど、けっこういろいろな方向性でやっているんだなあ、ということを実感しました。その幅広い表現でさらに興味を持つに至りました。’50年代ハードバップはやはりSteve Davisの曲(特に8曲目)に影響が強いようですが、他のメンバーはそれぞれ自分のペースで作曲なり演奏をしています。惜しいのはラスト8曲目がなぜかフェードアウト。まだCDの収録時間には余裕があるのにね。


Upward And Onward/One For All(Criss Cross 1172)(輸入盤) - Recorded June 14, 1999. Eric Alexander(Ts), Jim Rotondi(Tp, Flh), Steve Davis(Tb), David Hazeltine(P), Peter Washington(B), Joe Farnsworth(Ds) - 1. D's Blues 2. Perspective 3. We All Love Eddie Harris 4. Epitome 5. Just By Myself 6. John Coltrane 7. Blues For Joe Don 8. Upward And Onward

(06/10/18)グループ名義のこのレーベル第1作。各メンバーの作曲ないし共作は全8曲中6曲(1-4、7-8曲目)。個性的な曲が楽しめます。マイク・ルドンとの共作のメカニカルでモーダルなアップテンポの、ブルースとは思えない1曲目、ミディアムでメロディアスなホンワカしたサウンドの2曲目、テーマで流れるハーモニーは現代風ながら、8ビートでジャズロック風の懐かしさのある3曲目、ちょっと浮遊感があるもしっとりとしたバラードになっている4曲目、ベニー・ゴルソン作の明るめのサウンドが展開する少しアップテンポの5曲目、ミディアムの8分の6拍子でモーダルな、まさにタイトルを表現している6曲目、少しスローで洗練されたブルースの7曲目、ややアップテンポの現代ハードバップとも言うべきタイトル曲の8曲目。

« Variations/Webern/Ustvolskaya/Silbestrov/Boulez/Ingrid Karlen | トップページ | Angel Song/Kenny Wheeler, Lee Konitz, Dave Holland, Bill Frisell »

Criss Cross1151-1200番」カテゴリの記事

Criss Crossレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/12328270

この記事へのトラックバック一覧です: Upward And Onward/One For All:

« Variations/Webern/Ustvolskaya/Silbestrov/Boulez/Ingrid Karlen | トップページ | Angel Song/Kenny Wheeler, Lee Konitz, Dave Holland, Bill Frisell »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト